ここから本文です

名前は「ウエストエクスプレス銀河」 JR西日本の「新たな長距離列車」外観など決定

3/19(火) 14:25配信

乗りものニュース

列車の設備愛称も決定

 JR西日本は2019年3月19日(火)、運行開始に向けて準備を進めている「新たな長距離列車」の名
称が「WEST EXPRESS 銀河(ウエストエクスプレスぎんが)」に決定したと発表しました。

【画像】バラエティに富んだ「WEST EXPRESS 銀河」車内

 由来について同社は、「『銀河』とは、広い宇宙に存在する様々な星の集まりを指します。この列車が運転する西日本エリアを宇宙に、各地の魅力的な地域を星になぞらえそれらの地域を結ぶ列車という意味を込めました」と説明しています。

 列車の設備愛称も以下のように命名されました。

・1号車 グリーン車指定席:ファーストシート
・2号車 普通車指定席(ノビノビ座席・女性席):クシェット(女性席)
・3号車 普通車指定席(コンパートメント):ファミリーキャビン/フリースペース:明星(みょうじょう)
・4号車 フリースペース:遊星(ゆうせい)
・5号車 普通車指定席(ノビノビ座席):クシェット
・6号車 グリーン個室:プレミアルーム/フリースペース:彗星(すいせい)

 3か所のフリースペースには、それぞれコンセプトが設けられます。3号車「明星」は、読書や語らいなど静かにゆったりと過ごすスペース、4号車「遊星」は夜間も明るくにぎやかに遊び、楽しめるスペース、6号車「彗星」は先頭の乗務員室横ならではの流れゆく風景を眺められるスペースです。

JR西日本「気軽に鉄道の旅を」

 車両は既存の117系電車1編成(6両)を改造。外観は西日本の美しい海や空を表現したという瑠璃紺(るりこん)色になります。車体側面の長いラインは、長距離の旅をイメージさせるとともに、誰もが持つ「遠くへ行きたい」という憧れを叶える列車であることを表現するとのこと。

 デザイナーは、えちごトキめき鉄道の観光列車「えちごトキめきリゾート 雪月花」や、肥薩おれんじ鉄道のロゴタイプなどを手掛けてきたイチバンセン代表取締役の川西康之さんが担当します。

 列車のコンセプトは「鉄道での旅に慣れた方から普段あまり鉄道を使われない方、さらに訪日観光まで幅広い方々に、気軽に鉄道の旅を楽しんでいただける」(JR西日本)というもの。全車指定席、定員90人程度の臨時列車として、期間を定め、2020年春から複数区間で運行される予定です。

乗りものニュース編集部

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事