ここから本文です

「武将の家紋」デザイン 話題のコインロッカー人気の秘密 岐阜・関ケ原町

3/19(火) 15:00配信

中京テレビNEWS

 SNSで話題になっているコインロッカーが、岐阜県関ケ原町にあります。その秘密とは。

「ツイッターですごい話題で。兵力とかで料金が変わっているのが、だいぶ話題で」(コインロッカーの写真を撮る客)

 SNS上にはこんなコメントが…
「こんな格好いいロッカーがあったら最高」
「各武将の勢力が一目でわかって面白い!!」という声も。

 そんなコインロッカーがあるというのが、岐阜県関ケ原町にある「関ケ原駅前観光交流館」。

「本当に使わないんですけど。(写真を)撮らなきゃと撮っていかれますね」(関ケ原駅前観光交流館 瀬川美紀さん)

 実はこのコインロッカー、関ケ原の戦いに参戦した武将たちの家紋がデザインされています。

 さらに…

「兵力によって(ロッカーの)大きさが変わっていまして」(関ケ原駅前観光交流館 瀬川美紀さん)

 それぞれの武将の名前の下に当時の推定兵力が書かれていて、兵力が大きいほど大型のコインロッカーとなっています。

「すごいですね。コインロッカーでこういうのやるっていうのは」(コインロッカー利用者)

 ちなみに、このコインロッカーが故障してしまった際には、こんな張り紙が貼られるといいます。

“只今戦場に出陣候 暫く帰還しませぬ”

 そして、使う人にもこだわりがありました。

「なぜ島津に入れたかというと(島津と同じ)鹿児島県出身です」
「負け武将が好きなんで、大谷とか島左近とか入れたかったんだけど、残念ながら(利用中だったので)」(コインロッカー利用者)

 それぞれの思いで、コインロッカーを利用しているようです。

 そこで気になるのが、一番人気の武将コインロッカー。はたして、どの武将なのか…

「一番人気はこちらの石田三成のロッカーになっております。負けた武将にはなるんですけど“義”の武将なので女性にとってかっこいいと映るんだと思います」(関ケ原駅前観光交流館 瀬川美紀さん)

 このコインロッカー、注意することもあるようで…。「関ケ原駅前観光交流館」は午後5時に閉館なので、それまでに必ず荷物を引き取りに来てくださいとのことです。

中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事