ここから本文です

防犯カメラがとらえたネコの虐待の瞬間 蹴りつけ、首にひもを巻き連れ去れも 三重・鈴鹿市

3/19(火) 19:06配信

中京テレビNEWS

 三重県鈴鹿市で男が、ネコに危害を加えるような瞬間をカメラが捉えていました。映像には男性がネコの首にひもを巻きつけ、強引に引きずる様子も映っていました。

 3月8日、防犯カメラに記録された映像。

 男性は足元に寄ってくるネコを蹴りつけました。ネコはとっさに逃げ、何とかかわしましたが、周りのネコは男性の様子をうかがっています。

 その8日後、小屋には同一人物とみられる男性の姿が。今度は男性がネコの首にひものようなものをくくりつけています。

 次の瞬間ネコは驚いたのか、逃げようとしますが、男性はひもを離さず強引に引きずるように連れ去っていきました。

 ネコに虐待を加えているともみられる映像。防犯カメラを設置したのは、ネコの保護活動をしている女性です。

「とにかく頭が真っ白で、怒りというか憎しみ、本当にどうしたらいいんだろうと。なんで罪のない子たちにあんなことができる人間がいるのか、情けない」(ネコを保護する女性)

 女性は、空き家になった小屋で、野良ネコにエサを与えたり、繁殖して殺処分となるネコを減らそうと、避妊去勢手術を行うなどの保護活動をしています。
 
 普段は無人の小屋なのですが、室内を荒らされるなどの異変を感じた女性は、2月からカメラを設置していました。

 今回の2つの映像が撮影された時間は、午後10時半すぎと午後3時すぎ。この場所では、人けのない時間帯ということですが、計画的に虐待のような行為をしたのでしょうか。

「(連れ去られたネコは)ここ2~3週間で懐いて、触らせてくれるようになった子だったので、(人に)懐かせた自分が悪いというような思いにもかられて」(ネコを保護する女性)

 女性によると、連れ去られたネコは、その後行方不明になっていて、映像に映った男性には心当たりはないということです。

「あの子が無事に帰ってきてくれることだけを願っています」(ネコを保護する女性)

 ネコに暴行を加える行為は罪に問われることも。これはおととし、名古屋市内で捉えられた、寝ているネコを踏みつける男性の姿。

 男性はその後、ネコ2匹を踏みつけるなどして死なせたとして、動物愛護法違反の罪で罰金刑を受けました。


 今回の三重県鈴鹿市で発覚したネコへの危害に関しては、警察が事実関係を確認しているということです。

最終更新:3/19(火) 19:26
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事