ここから本文です

暑いときも寒いときも、体感温度を調節してくれるスマート・リストバンド

3/19(火) 19:11配信

ギズモード・ジャパン

スマートになった腕時計型カイロ/保冷剤ってトコですかね。

季節や周りの環境とは関係なく、暑がりだったり寒がりだったり、もしくはその両方だったりする人って結構いると思います。真冬も真夏も、建物内の冷暖房がガンガンに効いていて、逆に寒い/暑いなんていうのも良くあること。

【記事の全画像&動画】暑いときも寒いときも、体感温度を調節してくれるスマート・リストバンド

Laughing Squidいわく、そんな場合に装着したリストバンドの温度を操作して、自分の体感温度を調節してくれるガジェットが登場したみたい。その名は「Embr Wave」。これを着ければ16段階調節で最大5度涼しく、または5度暖かく感じられるようになるのです。

開発はMITだというこのリストバンド、まずはプロモーション映像をどうぞ。

火星探査機と同じ技術

Embr Waveいわく、これは最先端の熱電効果と正確に設計されたアルゴリズムを用いて、最大限の効果を発揮する温度の波を生成する特許取得済みの技術を使っている、とのこと。

技術的には、NASAの探査機キュリオシティと同じものが使われ、リチウムイオン充電池によるエネルギーを波長に変え、アルミ製のヒートシンク筐体に収められたプレートから冷たく、または暖かくするとあります。

使い方は超カンタン

バー状になったボタンで起動して、青く光る左側を長押しで「Embr Wave」本体を冷たく、赤く光る右側を長押しで暖かくします。1回の充電で2~3日使用でき、現在の温度設定などはお手持ちのスマートフォンで確認できるようになっています。

「Embr Wave」は延長モードで30分使うと快適さが安定しますが、急速モードで3分冷やす、または5分暖めるだけでも、試用した被験者の89%に効果が認められたそうです。

実は人々が無意識にやっていること

たとえば温かいカップで手を暖めたり、冷たいペットボトルをおでこに当てたほうが、部屋の室温を変える冷暖房よりダイレクトに体感温度が変わりますよね。それに人体は「首」と名の付く場所には神経が集中しており、濡れタオルやカイロなどを貼るならそこが良いと聞きます。そうした人体の特徴を上手く利用したガジェットが「Embr Wave」なのです。

気になるお値段は299ドル(約3万3500円)。ちょっと値が張る感じはしますが、これは地味に待ち望んでいたものかも、と思います。

Source: YouTube (1, 2) via Laughing Squid, Embr Wave

岡本玄介

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事