ここから本文です

大阪モノレール彩都線の延伸計画中止が確定 沿線開発変更で採算見込めず 南側は延伸へ

3/19(火) 19:57配信

乗りものニュース

大阪モノレール線の延伸計画は許可

 大阪高速鉄道(大阪モノレール)が申請していた彩都線(国際文化公園都市モノレール線)の延伸計画の中止について、国土交通大臣は2019年3月19日(火)、申請通り許可しました。

【路線図】幻に終わることになった彩都線の延伸区間

 彩都線は、大阪モノレール線の万博記念公園駅(大阪府吹田市)と国際文化公園都市(彩都)西部エリアの彩都西駅(大阪府茨木市)の6.8kmを結んでいます。彩都西駅からさらに東部エリアの東センター駅(仮称)まで約2kmを延伸することになっていましたが、沿線の開発が進まず、延伸計画は事実上凍結されていました。

 大阪府は2017年、東部エリアの今後の開発方針を決定。住宅中心の開発を取りやめて工場などを建設することにし、彩都線の延伸中止も決めました。大阪モノレールはこれを受け、2019年1月11日に、未着工区間である彩都西~東センター間の軌道運輸事業の廃止を国交相に申請していました。

 一方、大阪モノレールが2018年7月11日に申請していた大阪モノレール線 門真市~瓜生堂(仮称)間の延伸計画も、2019年3月19日(火)に認められました。こちらは門真市駅(大阪府門真市)から近畿道に沿って南下し、大阪府東大阪市内の近鉄奈良線と交差する地点まで延伸する計画。2029年度の開業が予定されています。

草町義和(鉄道ライター)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事