ここから本文です

ホリエモン出資の宇宙ベンチャーが戦略発表(全文6完)今年中に打ち上げたい

3/19(火) 16:24配信

THE PAGE

 ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏が出資する宇宙ベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」(北海道大樹町)は19日、東京都内で事業戦略発表会を開いた。

【動画】ホリエモン出資の宇宙ベンチャーが事業戦略発表会 岡田武史氏との対談も

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「ホリエモン出資の宇宙ベンチャーが事業戦略発表会 岡田武史氏との対談も」に対応しております。

     ◇     ◇

どういう形で設立時のパートナーが決まったのか

東洋経済新報社:ありがとうございます。東洋経済新報社の【劉 01:36:57】と申します。よろしくお願いします。今回の、みんなのロケットパートナーズに関してなんですけども、この最初の初期の会社さま、参加された会社の皆さんがどういうふうにお声掛けをして、なぜこういう形で、JAXAも含めて設立時のパートナーが決まったのかという点と、特にJAXAに関してはJ-SPARCとの関係で、みんなのロケットパートナーズの中では特にエンジンの開発でというところですけど、J-SPARCについてはあくまでMOMOだけなのかというようなところも含めて、ちょっと確認をお願いさせてください。

稲川:JAXAのJ-SPARCに関して、MOMOではないですね。MOMOではなくてZERO。

東洋経済新報社:ZEROのほうで。

稲川:はい、というところですね。設立のメンバーについての経緯ですけれども、JAXAさんに関しては先ほどから話ありますけれども、非公式なレベルというか、学会であったり、いろんなチャンネルを通じて、これも一緒に共同研究であったり、今回のJ-SPARCのような取り組みというのができないでしょうか、というのはこれまで何回も問い合わせだったり話をしてきたところではあります。

 今回J-SPARCという枠組みがJAXAさんのほうでできたというのが、タイミングとして良かったところになりまして、そのタイミングでしっかりとロケットエンジンの開発について一緒にやっていきましょうというところで、今回JAXAさんに入っていただいたというところがあります。

 そのほかの会社さんに関しましては、これまでMOMOの開発であったり、いろんなところでご協力はすでにいただいていた会社さんでありまして、そこでさらに枠組みをつくっていく中でしっかりと入って、これまで水面下であったり本当にそれぞれ代表の方の思いでやっていただいたところはありますけれども、もう少し法人であったりきちんと形を整えて支援していただける体制をぜひつくりましょうというところで、設立のメンバーに入っていただいてたというところです。

東洋経済新報社:ありがとうございます。

司会:劉さま、ありがとうございます。では続いてご質問のございます方。ではこちらの最前列の方。

1/3ページ

最終更新:3/19(火) 16:24
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事