ここから本文です

JOC竹田会長 退任を表明(全文2完)自分で決めたので後悔はない

3/19(火) 19:33配信

THE PAGE

 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が19日夕方、都内で報道陣の取材に応じ、「定年を迎える6月27日をもって退任する」と表明した。

【動画】JOC竹田会長、東京五輪招致をめぐる疑惑で退任表明(2019年3月19日)

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【動画】JOC竹田会長、東京五輪招致をめぐる疑惑で退任表明(2019年3月19日)」に対応しております。

     ◇     ◇

周囲に報告した時期は?

記者9:周囲に報告された時期、森会長だったり。

竹田:いや、それはもうそんなに前からそういうことは話すつもりはありませんから、自分のことですから。そんなことはやっぱり人には伝えていることはありません。

記者9:今月に入ってから。

竹田:いや、そんなことはないです。

退任しても説明責任は残るがどう考えているのか

東京新聞:すいません。東京新聞ですけども、退任されたからといって疑惑が払拭されたわけではない中で、当然説明責任っていうのは残っていくと思うんですけど、それはどのように考えて。

竹田:私は先ほどから申し上げているように、潔白を証明するため全力で努力していきますが、今フランス当局も調査中ですから、説明責任といってもそれで話せることは非常に限界があるんでその辺はご理解いただきたいです。

やはり疑惑のために辞めるとしか思えないが

記者10:会長、若い人に譲るとおっしゃることと、IOCを辞めるっていうことがちょっとどうしても結び付かなくて、そこは疑惑としか思えないんですが。

竹田:いや、それは先ほど申し上げたように、IOCの憲章では、IOC委員はその国の理事になることを求められるわけです。それは、私は今理事を、会長および理事を退任するわけですから、そのままじゃあ、また理事に戻るっていうことは非常に認められないことです。それはもうですからIOCも辞めることになりました。

記者10:理事のままで残ればそうするとそこは。

竹田:委員ですね。

記者10:委員と理事で。

竹田:いや、それができないんで、JOCの理事を辞めることがIOC委員を辞めることにつながる。

1/2ページ

最終更新:3/19(火) 19:33
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事