ここから本文です

『まんぷく』倒れる松坂慶子に視聴者「鈴さん退場はやめて」の声

3/19(火) 11:58配信

クランクイン!

 安藤サクラ主演のNHK連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第25週「できました!萬平さん!」(第141回)が19日に放送され、腹痛を起こした鈴(松坂慶子)が倒れるシーンに、ネット上には「ブシムス大ピンチ」「鈴さん退場はやめて」「鈴さんには最終回までいてほしい」などの声が殺到した。

【写真】いつまでも美しい…「松坂慶子」フォトギャラリー


 萬平(長谷川博己)と福子(安藤)はまんぷくヌードルの具材となる加工肉を完成させる。すでに決まった具材はネギ、スクランブルエッグ、加工肉。最後に彩りを添える具材を入れたいと、神部(瀬戸康史)が試作中の赤いエビへの期待が高まる。そんなある日、鈴が突然、腹痛を訴えて救急車で病院へ搬送されるのだが…。

 福子の家に克子(松下奈緒)がやってきて鈴と3人でそれぞれの近況を報告。克子が「まんぷくヌードル」開発のおかげで神部や岡(中尾明慶)の帰りが遅いことをタカ(岸井ゆきの)や吉乃(深川麻衣)が愚痴っていることを話していると、それを聞いていた鈴は表情を一変させ「ああ!痛っ!お腹が痛い~」とその場に倒れこんでしまう。

 このシーンに視聴者からは「ブシムス大ピンチ」「ぶしむすー!」「鈴、大丈夫か!?」「これは尋常ではない痛がり方、鈴さん…」「ここまできて鈴さん退場はやめて」「いやや!鈴さんには最終回までいてほしいわ!」などのツイートが殺到。

 救急車で病院に搬送された鈴。診察した医師は「鈴さんは虫垂炎だと思われますが…まだはっきりしません」と歯切れの悪い一言。福子が「それはどうして?」と質問すると、医師は「ひょっとするとお母さんは内臓が逆転してるのかもしれません」と説明する。このシーンにSNS上には「内臓逆転…とな!?」「驚きの事象の連続」「80年生きてきて、今わかった内臓逆転」などの投稿も寄せられていた。

最終更新:3/19(火) 12:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事