ここから本文です

【MLB】トラウトが天文学的契約 米スポーツ史上最高の12年総額479億円以上で合意へ

3/19(火) 23:45配信

Full-Count

大谷にも朗報、同僚のメジャーNO1プレーヤーが超大型契約へ

 メジャーNO1選手の呼び声高いエンゼルスのマイク・トラウト外野手が、史上最高の12年総額4億3000万ドル(約479億円)以上での契約に合意すると、MLB公式サイトなど米複数メディアが報じた。チームメートの大谷翔平投手にとっても朗報となる。

【写真集】トラウトの隣には“美人妻”ジェシカさんの姿が…MLB球宴前に行われたレッドカーペットの様子を特集

 ビッグニュースを最初に報じたのは、ESPNの敏腕記者として知られるジェフ・パッサン氏。これを受けて、MLB公式サイトなども次々と伝えた。トラウトは2020年まで2年総額6650万ドル(約74億1000万円)の契約を残しているが、これに10年総額3億6350万ドル(約405億円)が上乗せされた形。今季からトラウトが39歳になる2030年シーズンまでの12年間で総額4億3000万ドルを受け取る形になる。契約には全球団へのトレード拒否権が含まれているが、契約を破棄してFAとなれる「オプトアウト」の権利は含まれておらず、エンゼルスとの“生涯契約”とも言える内容だ。

 MVPを過去2度受賞しているトラウトは、27歳の若さで引退後の米国野球殿堂入りが確実と言われるほどのメジャーを代表するスーパースター。2020年の契約満了に向けて、エンゼルスが水面下で慰留に動き出したと今月上旬に米メディアが報じていた。

 メジャーリーグでは、2月以降に超大型契約が相次いでいる。FA市場の目玉だったブライス・ハーパー外野手がフィリーズと13年総額3億3000万ドル(約376億5000万円)でサイン。マニー・マチャド内野手がパドレスと結んだ10年総額3億ドル(約334億2600万円)のFA史上最高契約総額をあっという間に更新し、2014年オフにジャンカルロ・スタントン外野手(ヤンキース)が当時所属していたマーリンズと結んだ13年3億2500万ドル(約362億6750万円)も塗り替えて米スポーツ史上最高総額となっていた。だが、これをトラウトがあっさりと塗り替える形となった。

 また、今季以降の12シーズンの年平均は約3583万ドル(約40億円)に。こちらもザック・グリンキー投手の3440万ドル(約38億3100万円)を塗り替え、メジャー史上最高額となる。メジャーNO1プレーヤーによる天文学的な契約が誕生することになった。

Full-Count編集部

最終更新:3/20(水) 1:08
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/19(金) 19:40

あなたにおすすめの記事