ここから本文です

「少しでもポジションが悪いと言われる」内田の薫陶受けるDF安西、“世界標準”胸にA代表デビューへ

3/19(火) 20:28配信

ゲキサカ

 初めての国際Aマッチを控え、頭にあるのは3か月前に突きつけられた『標準』だ。日本代表初招集のDF安西幸輝(鹿島)は合宿2日目の19日、報道陣の取材に応対。22日のキリンチャレンジカップ・コロンビア戦(日産ス)に向けて「違いを見せられるように頑張りたい」と意気込んだ。

 安西は昨季開幕前、幼少期から過ごした東京Vを離れて鹿島に移籍。「少しでもポジションが悪いと言われる」というDF内田篤人の薫陶も受けつつ、リーグ戦28試合に出場した。また、クラブ史上初のAFCチャンピオンズリーグ制覇にも大きく貢献し、昨年12月のクラブW杯ではレアル・マドリーやリバープレートにも挑んだ。

 しかし、安西にとってクラブW杯はほろ苦い記憶だった。準決勝のR・マドリー戦では後半途中に登場したが、大敗ムードを覆すことができず、フル出場した3位決定戦のリーベル戦は0-4の大敗。南米チーム相手の国際Aマッチ2連戦に向けて、「(3か月前の)あれが標準」と高いハードルを課して挑むつもりだ。

「アグレッシブに行くところ、ビビらず行くところが特長」との言葉どおり、攻撃面で評価されてきた安西だが、3か月前から進歩したのは守備の部分。内田の忠告を受けながら「だいぶ整理されてきた」と手応えを見せると、「3か月前とは違うところを見せたい」と自信ありげに語った。

 念願のA代表デビューを目前に控えるが、「サッカーが上手い人たちとやって試合に出たいと思うけど、気持ちが興奮しすぎるとプレーに出る」と闘志は控えめ。それでも「攻撃でアグレッシブに出していきたいし、経験はないがフレッシュさはある。試合に出て結果を出すことが大事」と大舞台での飛躍を誓った。

最終更新:3/19(火) 20:44
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事