ここから本文です

<動画>伊原六花、ボイメン小林豊が“お姫様抱っこ”できず「結構傷ついた…」

3/20(水) 22:53配信

まんたんウェブ

MANTAN

 “バブリーダンス”で話題となった大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテンで、現在は女優として活躍する伊原六花(いはら・りっか)さんが3月18日、東京都内で行われた初主演作「明治東亰恋伽」のドラマ版の完成披露イベントに登場した。伊原さんは劇中で男性10人組ユニット「BOYS AND MEN」(ボイメン)の小林豊さんに“お姫様抱っこ”されるシーンについて、「もともと(小林さんに)『持ち上げられないかも』と言われ、『そんなこと言わないでくださいよ』みたいな感じでやったら、本当に持ち上がらなくて……結構傷つきました」と悲しそうに振り返った。

【動画】伊原六花の主演ドラマに仮面ライダー&スーパー戦隊俳優が続々

 小林さんは、「全然持ち上げられなかった。そうしたら(伊原さんが)『私が重いみたいじゃないですか』って。結局スタッフさん3人ぐらいに支えてもらって撮影しました。その節はすみませんでした」と反省。「僕が非力だった。まさか(伊原さんがロケ地の)明治村の食べ物を食べて太ったなんてことはない(笑い)」と“弁解”していた。

 舞台あいさつには、岩永徹也さん、松島庄汰さん、とまんさん、 山崎大輝さん、高橋真佳把さん、久保田悠来さん、副島宏司監督も出席。撮影中、伊原さんが小林さんと久保田さんからそれぞれ手作りクッキーをもらったことを明かされた。小林さんが「僕は元パティシエなので分かる思いますけど、一番似合わない」と久保田さんをいじると、「僕はクッキーが作りたくて上京した」とちゃめっ気たっぷりなコメントを返して周囲を笑わせていた。

最終更新:3/20(水) 22:53
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事