ここから本文です

センバツ山梨学院 第3部・戦力分析/中 チーム打率3割1分6厘 2年が打線の中心 /山梨

3/20(水) 11:00配信

センバツLIVE!

 <第91回選抜高校野球 センバツ高校野球>

 ◇勝利へ「バント成功不可欠」

【熱闘センバツ全31試合の写真特集】

 秋の公式戦のチーム打率は3割1分6厘。左右に打ち分けられる左打者で2番の菅野秀斗選手、勝負強さが光る3番の相沢利俊選手、チーム随一の長打力を誇る4番の野村健太選手(いずれも2年)が打線の中心だ。相沢、菅野両選手が出塁し、野村選手が還す得点パターンで勝ち進んだ。

 高校入学以来、けがを繰り返してきた菅野選手は、体幹の強化に取り組んだ。好調だった中学時代の自身の映像を見ながら、フォームを作り直し、センバツに臨む。

 小技が得意な右打者の相沢選手は長打力不足の克服を目指している。関東大会後は、スイングスピードを上げるため、ウエートトレーニングに力を入れ、左手1本の素振りを繰り返している。

 野村選手は昨年の練習試合で推定飛距離165メートルの特大ホームランを放った。右の大砲は「プレッシャーはあるが、ホームランでチームを引っ張りたい」と意気込む。

 課題は上位と下位の打線のつながりだ。吉田洸二監督が「キーマン」とみているのが、6~8番に座ることが多かった高垣広大選手(同)だ。秋の公式戦は2割6分に終わったが、関東大会の中央学院戦で八回裏の右前適時打を放ち、自信をつけている。高垣選手は「右方向に打つイメージでアウトコースの直球を打ち返した。(中央学院戦から)思い切って打てるようになった」。吉田監督は「バッティング練習では野村の次」と成長に期待を寄せる。

 小技にも力を入れる。特にバント練習を徹底していて、実戦形式で取り組んでいる。吉田監督は「センバツで勝つには4~5点が必要。そのためにはバント成功が不可欠」と語る。【金子昇太】

………………………………………………………………………………………………………

 ◇秋季公式戦の打撃成績

 (◎は主将、△は左打ち)

位置    学年  試合数 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 三振 四死球 犠打飛 盗塁 失策   打率

投◎相沢利俊(2)   8 31 14   2   1   0  9  3   2   2  1  0 .452

捕 栗田勇雅(1)   8 24  3   2   0   0  4  8   6   1  1  0 .125

一 岸本捷汰(2)   5  6  2   0   0   0  1  0   1   0  0  1 .333

二△菅野秀斗(2)   7 23 11   4   0   0  5  2   6   1  0  1 .478

三 高垣広大(2)   8 23  6   3   1   0  3  4   7   2  0  1 .261

遊 小吹悠人(1)   8 18  2   0   0   1  3 11   5   6  0  0 .111

左△功刀史也(1)   1  3  0   0   0   0  0  2   0   1  0  0 .000

中△渡辺嵩馬(1)   8 23  8   2   0   0  2  5   4   4  5  0 .348

右 野村健太(2)   8 26 13   3   2   4 18  4   7   1  0  0 .500

投 中込陽翔(2)   5  9  3   0   0   0  1  2   2   0  0  1 .333

投△駒井祐亮(2)   5  2  0   0   0   0  0  2   1   0  0  0 .000

捕 上野颯夏(1)   -  -  -   -   -   -  -  -   -   -  -  -    -

右 宮崎一樹(2)   4 10  2   0   0   1  2  2   0   0  0  1 .200

投△木村渓人(2)   1  0  0   0   0   0  0  0   0   0  0  0    -

投 佐藤裕士(2)   6  4  0   0   0   0  0  2   1   0  0  0 .000

中 石神悠樹(2)   6 12  5   1   1   0  3  2   2   1  4  0 .417

最終更新:3/20(水) 11:06
センバツLIVE!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/17(月) 20:20

あなたにおすすめの記事