ここから本文です

韓国国会 きょう外交・安保分野の「対政府質疑」

3/20(水) 8:40配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国国会は20日午後、本会議を開き、李洛淵(イ・ナクヨン)首相ら閣僚に外交、統一、安全保障分野の「対政府質疑」を行う。

 対政府質疑は前日の政治分野に続きこの日が2日目。2月末にベトナム・ハノイで開かれた2回目米朝首脳会談が物別れに終わった後の朝鮮半島情勢、北朝鮮への特使派遣計画など南北対話の推進状況、南北経済協力事業である北朝鮮・開城工業団地の再稼働と金剛山観光の再開問題、韓米合同軍事演習の調整、韓日外交問題などが取り上げられると予想される。

 与党「共に民主党」、保守系最大野党「自由韓国党」、野党第2党「正しい未来党」の各議員が質疑を行う。政府側は李首相をはじめ、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官、趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官らが答弁する計画だ。

 また、対政府質疑に先立ち、少数野党・正義党の尹昭夏(ユン・ソハ)院内代表による非院内交渉団体の代表演説が予定されている。

最終更新:3/20(水) 11:28
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事