ここから本文です

元欅坂46・今泉佑唯が映画初出演「酔うと化け物になる父がつらい」で妹役

3/20(水) 7:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース]秋田書店のWebサイト「チャンピオンクロス」で連載された、菊池真理子氏のコミックエッセイを松本穂香、渋川清彦のダブル主演で実写映画化する「酔うと化け物になる父がつらい」に、元欅坂46・今泉佑唯が出演することが発表された。今泉にとって初の映画出演となる。

 原作は、アルコールに溺れる父を持つ作者の実体験による家族崩壊エッセイ。父は毎日アルコールに溺れ、母は新興宗教信者。そんな両親のもとに生まれた主人公が、崩壊していく家族の中で、がむしゃらに未来を見つけていく。母親役にともさかりえ、監督はドラマ「ルームロンダリング」を手掛けた片桐健滋。

 今泉が演じるのは、主人公田所サキの妹・田所フミ役。フミは、壊れゆく“家”の中でも笑顔を絶やさず、家族を明るく照らし続ける役柄だ。母・サエコが起こす“ある事件”に直面し、そして酔っ払った父の奇行を前にしても、動揺する姉を支え続ける姉思いのキャラクターを、持ち前の明るさで熱演した。

 初の映画出演を果たした今泉。現場では、姉役の松本にアドバイスをもらっていたと明かし、「分からないことだらけで初日から躓いてしまい、不安でいっぱいでしたが、無事に終えることができて少しほっとしています」と振り返り、役作りについて「自分自身とほんの少しだけ重なる部分があり、共感できたり、でもいつも明るく振る舞うフミちゃんにどこか胸が苦しくなってしまう場面もありました」と明かしている。

 「酔うと化け物になる父がつらい」は、2019年全国公開予定。

最終更新:3/20(水) 10:47
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事