ここから本文です

『Apex Legends』シーズン1&オクタン実装の新アプデパッチノート!チートBAN数は約50万アカウントに

3/20(水) 9:20配信

Game Spark

※UPDATE(3/20 13:53):※本記事のタイトルを「約50万人」から「約50万アカウント」に変更しました。コメントでのご指摘ありがとうございました。

大きな写真で詳しく見る

エレクトロニック・アーツは、人気バトルロイヤルシューター『Apex Legends』にアップデートを実施、シーズン1を開始しました。

シーズン1とともに新レジェンド“オクタン”が実装となるアップデートでは、他にも、チート等通報機能の実装や、以前より告知されていたレジェンドのヒットボックスの調整など、多くの改善・調整・フィックスが実施されています。シーズン1及びオクタンの詳細はそれぞれの公式記事を参照してください。

それ以外の詳しいパッチノートは下記のとおりです。
◆ 安定性・パフォーマンス
・様々なGPU環境での安定性の向上
・安定性の向上のため、PC版の最大fpsを300に設定
・PS4版がメモリ不足でクラッシュしていた問題の修正

・エラーメッセージなしでPC版がクラッシュした際のレポートを改善。PC版のクラッシュを修正することと、プレイヤーのプライバシー尊重をともに行うために、PC版クラッシュ時、ゲームは個人情報がないことを確認できるプレーンなテキスト形式で ”Documents”フォルダに ”apex_crash.txt”を書き出すようになります。このファイルをバグ報告時に含めることで、開発はクラッシュの原因がApex本体なのかサードパーティーソフトウェアなのかを確認し、修正のために情報を得ることができます。

・PC版向けのチート/アビューズの通報機能
プレイヤーはEasy Anti-Cheatに直接、不正行為者の通報を行うことができます。これはプレイヤーが倒された後の観戦ビュー及び、スクワッドタブのバナーカードから可能です。裏では優先順位の高い更なる不正対策作業も進行中です。また、今朝時点で499,937アカウントがチートのためBANされています。なお、現時点で実施済みのアンチスピードハッキング機能は、バグのため有効に働いておらず、可能な限り早期にリリースする予定の次回サーバーアップデートにて修正予定です。

・コンソール向けのアビューズの通報機能。倒された後の観戦ビュー及び、スクワッドタブのバナーカードから不正行為者の通報を行うことができます。

・サーバー全体のパフォーマンスを向上させるためスカイダイビングを最適化
・Apexパックを連続で開いた際に時々起こるクラッシュを修正

◆ ゲーム改善
・コントローラボタンレイアウト設定に、LT/RTとLB/RBの入れ替えと、L1/R1とL2/R2の入れ替えトグルを追加
・どのコントローラープリセットでもバンパーとトリガーの内容をすばやく交換可能に
・ビデオタブにスプリント時の画面の揺れ設定を追加。最小にすることで酔いを抑えることができます
・コントローラータブにトリガーのデッドゾーン設定を追加
・より詳細な視点操作設定をコントローラータブに追加。デッドゾーンや反応のカーブなどを設定可能です
・ジャンプマスターを他のプレイヤーに譲渡した際に、自身のレジェンドの音声が第三者にも追加で聞こえるように
・グラップルポイントからのマントリングの改善
・パスファインダーがジップラインにグラップル可能に
・ほとんどのメニューでデジタルパッドでのナビゲーションを有効に
・ノックアウトシールドのUI改善。シールドの残りヘルスを示すバーが減少します。ゴールドノックアウトシールドを持っている場合、ダウン中に自己復活可能なことを示すように
・マップ全体表示時のリングインジケーターのプレイヤー位置をより正確に
・ダメージを受けた際のアニメがダメージ方向を正確に反映するように
・音が遮音されないことがあるというバグの修正
・キングスキャニオンでのスタックポイントの修正
・ホルスター付き武器のアタッチメントを外した際に起こる可能性のあるスクリプトエラーの修正
・UIの文法、誘導、要素位置などの改善
・PCユーザーがデスボックス内のアイテムをスクロールしながら武器を切り替えることの修正
・マッチメイキング中に商品を購入することでサーバの安定性に起こる問題の修正
・スカイダイビング中に発生する可能性があったスクリプトエラーの修正
・スカイボックスの霧の減少
・チャットボックスが有効な時プッシュ・トゥ・トークが無効になるように
・マップを開いている時にLT/RTで観戦モードのプレイヤーを切り替えられないように
・ミニマップを更新し、地理と重要地点をより正確に
・キーバインド時のUIに効果音を追加
・制限文字数に達したメッセージで、プレイヤーの名前が表示されない不具合の修正
・時々チャンピオンの画面解像度がワイドスクリーンの解像度に引き伸ばされるバグの修正
・時々ジップラインから降りた後も効果音が継続していた不具合の修正
・字幕サイズの変更オプションの追加
・色覚特性を持つプレイヤー向けに、ブラッドハウンドのスレットビジョンにカラーブラインドサポートを追加。設定ごとのカラーブラインド色が設定メニューに表示されるように。また、カラーブラインド設定は、ビデオ設定から、ゲームプレイのユーザー補助に移動し、すぐに適応可能に。また、敵Pingは赤だけではなく敵の色を用いるように
・レイスのポータル起動時音量の低下
・ピースキーパーのチャージショットの音量の低下
・テルミットグレネードの出納音量の低下

◆ レジェンドのバランス調整
・ジブラルタル/コースティック/パスファインダーの外形により合った新しいヒットボックス

■ コースティック
・トラップのクールダウンが30秒から25秒に。範囲と反応範囲が10%増加、スモークのダメージまでの1秒のラグを削除
・ガスグレネードのクールダウンが2分30秒から2分に減少

■ パスファインダー
・内部情報のビーコンが10から12に増加

■ バンガロール
・駆け足の移動ボーナスが40%から30%に減少

■ ジブラルタル
・味方の攻撃でシェルショック効果が影響を与えないように不具合を修正しました。防衛爆撃でも同じです

◆ 武器の修正
・姿勢を変更することで武器交換を短縮できた不具合の修正
・ピースキーパーの装填が短縮できた不具合の修正
・ベースFoVがデフォルトに設定されていない場合、フルスクリーン(狙撃)照準の自動レンジが不正確だった不具合の修正
・スピットファイアのレジェンダリー(コンティニュアム、ヘビーコンストラクト)のADSビューがカスタムされた外形で一部隠れていたことの修正
・特定の武器照準の組み合わせでコースティックのレジェンダリースキンを利用した場合、ADSビューが隠れていたことの修正
・デジタルスレット照準で脅威のハイライトが見やすくなるように(やや明るく、TSAAAの影響を削除)
・ディヴォーションの音が時々発射速度を反映していなかった不具合の修正

◆ 追加バグ修正
・稀にドロップシップにスタックし無敵になる問題の修正
・ジブラルタルのシールドの穴の修正
・ライフラインの復活シールドが移動中のプラットフォーム上に留まらない問題の修正
・ドロップシップやジャンプタワーからのスカイダイビング中にマップジオメトリにスタックする問題の修正
・ダウンした後もまだ射撃可能な不具合の修正
・ライフラインのD.O.C.で稀にプレイヤーをヒールできない不具合の修正
・ライフラインのD.O.Cのプレイヤーへの接続数を2に制限
・ジャンプ時にパスファインダーのジップラインが展開されない問題の修正
・ヒール開始直後にキャンセルされた場合バーが画面に残ることのある不具合の修正
・ノックダウンシールドが破壊された後も効果音が鳴り続けることのある不具合の修正
・ゲーム中にコントローラーを抜いた場合、切断されることのある不具合の修正
・パスファインダーのグラップルで無限壁登りが可能であった不具合の修正
・ジップラインに乗った後にピースキーパーが撃てないことのある不具合の修正
・観戦モードで時々スカイボックスの霧が表示されない不具合の修正
・高FoV時に、バナーカードが時々壁を通して見える不具合の修正
・ジャンプタワーにある気球の旗のチラツキを修正
・プレイヤーのバナーカードがキャラクター選択後に表示されないことがある不具合の修正

◆ RAZER CHROMAのサポート
RAZER CHROMAに対応、下記の状況など、様々な状況で色が変化します。
・バナー移動中は赤く光る
・スカイダイビングの色はスモークの色に
・アイテムを拾う
・Apexパックを開く
・攻撃したときやダメージを受けた時
・アルティメットの準備完了時

Game*Spark Arkblade

最終更新:3/20(水) 13:55
Game Spark

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事