ここから本文です

「働きたくない」ニワトリの社畜な日々を描いた漫画「毎日でぶどり」書籍化

3/20(水) 7:30配信

ねとらぼ

 Instagramで人気の4コマ漫画「毎日でぶどり」が書籍化。『会社員でぶどり』として産業編集センターから発売されました。価格は税別1100円で、電子書籍版を4月に配信予定。

【画像】他の4コマ漫画を見る

 作者はイラストレーターの橋本ナオキさん。「働きたくない。できればお金のほうから降ってきてほしい」と思いながらブラック企業で働くニワトリ会社員・でぶどりの社畜な日常を描いています。

 周りの意見に流されやすいでぶどりは、「家でできるのになぜ出勤」「大して決めることもないのになぜ毎日会議」「明日でもいいのになぜ夜中まで残業」と疑問を抱きつつも、「明日も同じように過ごすだけなんだろうな……」と疑問に慣れてしまった日々を送っています。

 平日は毎日残業で、たまの休みはゲームアプリに課金。神様が「1カ月の自由と50万円」をくれても、1カ月ダラダラ過ごし、お金はアプリ課金と酒と娯楽に消えていきます。「お前に足りないものが分かったか」と尋ねる神様に「時間とお金」と答えるでぶどりですが、神様から速攻「やる気」が足りないと突っ込まれます。

 残業こそが真の労働と信じてやまない「ハゲタカ部長」、有能で鋭い正論をぶつけてくる後輩の「ひよ」など周囲にいそうなキャラが登場します。

ねとらぼ

最終更新:3/20(水) 7:30
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事