ここから本文です

【MASFIGHT】ブアカーオが少林寺武僧と3000万円賞金マッチ

3/20(水) 17:39配信

イーファイト

 昨年11月、中国・マカオのヴェネチアン・カジノリゾートで全く新しいルールの新格闘技イベント『MASFIGHT』が初開催された。招待されたのはアジアのVIPのみというセレブのための格闘技イベントだ。

【フォト】旗揚げ戦ではロンがチェ・ホンマンを後ろ蹴りでTKO

 ルールは9分1Rのみ。スタンディングの技はパンチとキックに加えて投げ、チョーク、ヒジ打ちもOK。勝敗が決まるのはKOかTKOのみ(9分中にダウン3回でTKO勝ち)。ジャッジは存在せず、KOかTKOでない場合は、ドローとなる。

 その旗揚げ戦メインイベントでは、身長218cm、150kgのチェ・ホンマン(韓国)と175cm、76kgの中国拳法の英雄“中国武僧”イー・ロン(中国)が対戦した。ロンは少林寺の僧侶で、少林拳や太極拳など様々な武術を身に着けて2009年7月にキックボクシングでプロデビュー。そのデビュー戦でも98kgの巨漢選手に勝っている。中国では圧倒的な人気を誇り、中国の大規模格闘技イベント『武林風』などで活躍。74戦中60勝以上という戦績を持つ。ホンマン戦でも圧倒的な体格差をものともせず、後ろ蹴りでホンマンにTKO勝ちした。

 このセレブファイトとでも言うべき『MASFIGHT』の次回大会が、10月に香港で開催されることが決まった。そのメインカードとして発表されたのが、イー・ロンvsブアカーオ・バンチャメーク(36=タイ)の“カンフーvsムエタイ頂上決戦”だ。両者は過去2度対戦しており、2015年6月の初対決ではブアカーオが判定勝ち、2016年11月の再戦ではロンが判定勝ち(ただし不可解なジャッジ)しており1勝1敗。今回が決着戦となる。

 キック、パンチだけでなく投げやスタンディングチョークも許されているルールだが、ブアカーオはかつてルールが似ているシュートボクシングの世界トーナメント『S-cup2010』で優勝を果たしている。

 なお、この試合には3000万円の賞金が懸けられることも発表されたが、ブアカーオ陣営はなんと1億5千万円の勝者総取りマッチをイー・ロン陣営に持ちかけている、との噂も。今回も大きな話題となりそうだ。

最終更新:3/20(水) 17:39
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事