ここから本文です

旧式iPadユーザーから見た新型iPad miniとiPad Airの魅力

3/20(水) 7:00配信

ITmedia PC USER

 2019年3月18日の夜遅く、Appleは新型「iPad Air」(第3世代)と新型「iPad mini」(第5世代)を発表、多くのメディアが対応に追われました。以前からうわさが出ていたiPad miniはともかく、iPad Airもリニューアルが施されるなど、どちらも久々のモデルチェンジとなります。

【写真】ディスプレイの角が丸いiPad Proと直角のiPad mini

 ただ、2018年に発売されたiPad Proのようなボディー全体を含めたフルモデルチェンジではなく、外観はほぼそのままに中身を最新仕様にアップデートした格好です。以前の記事で触れましたが、普段使っているタブレットが5年選手(発売は2014年)の「iPad Air 2」と、4年選手(同2015年)の「iPad mini 4」である筆者にとって、まさに狙い撃ちをされたかのような今回のアップデートです。

・これまでの歩み【第1回】導入編【第2回】移行編【第3回】試行錯誤編【第4回】大画面編【第5回】電子書籍編【第6回】動画編【第7回】新型iPad miniとAir比較編 ※本記事

 新モデルの発売はまだ先ですが、そんな旧式iPadユーザーの視点から、現時点で判明している新型iPad Airと新型iPad miniの魅力に迫っていきたいと思います。

このサイズを待っていた、新型iPad mini

 新型iPadは、両モデルともに「iPhone XS」などと同じプロセッサ「A12 Bionic」を採用しています。2コアのA8(iPad Air 2は3コアのA8X)から6コアのA12 Bionic+8コアNeural Engine(ニューラルエンジン)とほぼ3~4世代分の進化を果たしたSoCだけに、iPad Air 2やiPad mini 4では、どうしてももっさりしていた動作が、劇的に改善されるでしょう。

 新モデルは、いずれも広色域の「P3」(Display P3)に対応する他、色温度を最適化する「True Tone」や、500nitsの最大輝度を持つフルラミネーションの高コントラスト液晶ディスプレイになっています。最大120Hzで動作するProMotionテクノロジーは非対応なので、iPad Proシリーズとは若干異なる挙動になりますが、ほぼ上位モデルと肩を並べる表示品質に引き上げられています。

 さらに新型iPad Airは画面サイズが10.5型、解像度も2224×1668ピクセルと一回り大きくなっています。その分、ボディーサイズはiPad Air 2に比べて幅が4.6mm(174.1mm)、長辺が約10.6mm(250.6mm)も長く、重量も約19g(Wi-Fiモデルの場合、Wi-Fi+Cellularモデルは約20g)増加していますが、厚さは6.1mmと従来通りで、手に取りやすいという意味では大きく変わらない変化に収まっています。

 そして何より、7.9型で重量が約300g(正確には従来機から約1.7g増加)と、成人男性なら片手でつかめる小型ボディーをそのままに、最新仕様に生まれ変わった新型iPad miniを歓迎する人も多いはずです。

1/2ページ

最終更新:3/20(水) 15:30
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事