ここから本文です

投手が丸の穴埋めた 広島“ドクターK”新助っ人に原巨人は戦々恐々

3/20(水) 12:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 原巨人に新たな天敵候補の出現だ。

 19日、広島の新助っ人左腕、カイル・レグナルト(30=メッツ3A)がヤクルト戦の八回に4番手として登板。1イニングを投げて2三振を奪い、無失点に抑えた。これまで対外試合6試合でいまだ無失点。打者21人から12奪三振、オープン戦は4イニングで9奪三振と完璧な投球を続けている。

 持ち球のパワーカーブは米国で「ハンマーカーブ」の愛称がつく。右打者の外角のボールゾーンから真ん中低めに曲がりながら落ちる軌道。ブレーキの利いたこの“魔球”を武器に驚異の奪三振率を誇っているのだ。

 それでも広島の外国人枠争いは激しい。投手3枠はジョンソンが確定。フランスアも決定的で、残る1枠をヘルウェグ、ローレンスと競争というから層が厚い。

 開幕カードで対戦する巨人にとっては厄介だろう。広島との昨季の対戦成績は7勝17敗1分け。5年ぶりのリーグ優勝奪回のために対策が急務となる中、原監督は「広島は誰かが抜けても誰かが出てくるんだよ。去年は左のフランスアが出てきたしね」と警戒。広島からFAで丸を引き抜いた今季も、新加入した助っ人左腕が天敵になりそうだから頭が痛い。

 身長188センチ。もともと巨人は左投手や長身外国人投手を苦手にする傾向があるから、なおさらである。

 同じ助っ人救援左腕でも、フランスアはパワー系。レグナルトも最速は150キロを超えるが、特殊球が武器とタイプが異なる。昨季広島のチーム防御率は4.12。弱点は投手陣で、救援陣もフランスア以外は不安定だった。メジャーでの登板こそないものの、この新助っ人が勝利の方程式に入ってくれば、流出した2年連続MVP丸の穴も埋まる。

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事