ここから本文です

iMacがリニューアル 21.5型4Kモデルは15万4224円から

3/20(水) 1:11配信

ITmedia PC USER

 Appleは3月19日、オールインワン型Mac「iMac」をアップデートした。日本のApple Storeでの直販価格はRetina 5Kの27型モデルが21万4704円(税込、以下同)~、4K対応の21.5型モデルは15万4224円~、フルHD対応の21.5型モデルが13万464円~となっている。3月20日1時時点での出荷予定は3月27日だ。

【写真】iMac Proは256GBのECCメモリが選択可能に

5Kの27型は第9世代Coreプロセッサ搭載モデルも用意

 5120×2880ピクセルの27型Retina 5K P3ディスプレイを採用した上位モデルは、iMacで初めてIntelの第9世代Coreプロセッサを搭載可能になった。ベースとなる3モデルが用意されており、直販では8コアのCore i9(3.6GHz、最大5GHz)と6コアのCore i5(3.7GHz、最大4.6GHz)、同じく6コアのCore i5(3.1GHz、最大4.3GHz)を選べる他、メモリは8GB~64GB(DDR4 SO-DIMM×4)まで、ストレージはFusion Driveが1TB~3TB、SSDは256GB~2TBまで選択できる(モデルにより異なる)。

 グラフィックスはAMDのRadeon Pro 570X(4GB GDDR5)かRadeon Pro 575X(4GB GDDR5)、またはRadeon Pro 580X(8GB GDDR5)かRadeon Pro Vega 48(8GB HBM2)を装備する。ちなみに、ハードウェアの構成を現時点で最高まで引き上げると63万8388円だった。

 ボディーサイズは650(幅)×203(奥行き)×516(高さ)mm、重量は約9.42kgで、本体には、1080pのFaceTime HDカメラ、Thunderbolt 3×2、USB 3.0×4、SDXC対応カードスロット、ギガビットEthernetの有線LAN、IEEE 802.11a/b/g/n/acの無線LAN、Bluetooth 4.2、ステレオスピーカー、マイク、ヘッドフォン出力も搭載。プリインストールOSはmacOS Mojaveだ。

1/2ページ

最終更新:3/20(水) 1:11
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事