ここから本文です

Google、ゲーム機不要の新ゲームプラットフォーム「STADIA」発表! 2019年サービス開始へ

3/20(水) 3:07配信

ねとらぼ

 Googleは3月19日(日本時間)、米サンフランシスコで開催中のゲーム開発者イベント「Game Developers Conference」に合わせ、クラウドゲーミングプラットフォーム「STADIA」を発表しました。まずはアメリカ、カナダ、イギリス、ヨーロッパで2019年中のサービス開始を予定。

【画像:ゲーム機不要で、どの端末からでもプレイ可能】

 クラウドストリーミング型のゲームプラットフォームで、新たなハードを必要とせず、データセンター側で処理した映像を手元の端末に送ることで、ハードを選ばずにどの端末からもプレイできるのが特徴。発表デモでは、スマートフォンやデスクトップPC、タブレット、テレビなど次々と端末を切り替えながら1つのゲームをプレイする様子が見られました。

 ゲーム機としての性能はPS4 Proの約2.5倍(GPUの描画性能で比較した場合)。現状では4K、60fpsでのストリーミングに対応し、将来的には8Kにも対応する予定とのこと。またYouTubeとの連携も強くアピールしており、例えばYouTubeで新作ゲームの映像を見たら、そこから映像内の「PLAY」ボタンを押すことで、インストール不要ですぐにそのゲームをプレイするようなことも可能とのことでした。

ねとらぼ

最終更新:3/20(水) 3:20
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事