ここから本文です

映画秘宝が平成映画ベスト10発表、のん×「この世界の片隅に」再現グラビア公開

3/20(水) 12:00配信

映画ナタリー

映画秘宝2019年5月号が、本日3月20日に発売。1989年から2019年の間に公開された作品より選ばれる「『映画秘宝』が選ぶ問答無用の平成映画ベスト10」が発表された。

【写真】映画秘宝2019年5月号の未公開カット。(メディアギャラリー他2件)

第1位に輝いたのは、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」。第2位以下には「バットマン リターンズ」「ファイト・クラブ」「スターシップ・トゥルーパーズ」などが続く。今回の企画では、町山智浩、柳下毅一郎、高橋ヨシキらが平成映画を徹底解説する。さらに「カメラを止めるな!」の監督・上田慎一郎が選ぶ「平成海外コメディベスト5」やミュージシャン・鈴木慶一(ムーンライダーズ)が選ぶ「平成の映画音楽ベスト5」など、35部門を超えるテーマ別ベスト5が同時に発表された。

俳優ランキングでは女性部門“ベスト・ガール”第1位を「由美香」や「監督失格」で知られる故・林由美香が獲得。男性部門“ベスト・ガイ”第1位に選ばれたのは、「沈黙の戦艦」など数々のアクション映画に出演したスティーヴン・セガールだ。

同号の誌面には「この世界の片隅に」で主人公・すずに声を当てたのんが、作品とコラボした再現グラビアも掲載。このたび未公開カットが2点お披露目され、割烹着姿のすずに扮した彼女を見ることができる。

■ 「映画秘宝」が選ぶ問答無用の平成映画ベスト10
1位「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015年)
2位「バットマン リターンズ」(1992年)
3位「ファイト・クラブ」(1999年)
4位「スターシップ・トゥルーパーズ」(1997年)
5位「パシフィック・リム」(2013年)
6位「デス・プルーフ in グラインドハウス」(2007年)
7位「3-4x10月」(1990年)
8位「オーディション」(1999年)
9位「愛のむきだし」(2008年)
10位「この世界の片隅に」(2016年)
次点「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」(1997年)

最終更新:3/20(水) 19:29
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事