ここから本文です

<乃木坂46・堀未央奈>初主演映画「ホットギミック」で涙 10代のリアルな心情表現 特報公開

3/21(木) 12:45配信

まんたんウェブ

 相原実貴さんの恋愛マンガ「ホットギミック」をアイドルグループ「乃木坂46」の堀未央奈さん主演で実写化する映画のタイトルが「ホットギミック ガールミーツボーイ」(山戸結希監督、6月28日公開)に決定し、特報とポスタービジュアルが21日、公開された。特報には、堀さん演じる主人公・成田初(はつみ)が涙する姿や、初ら10代のキャラクターがリアルな心情を表現する姿が収められている。

【動画】乃木坂46・堀未央奈が涙… 初主演映画「ホットギミック」特報

 特報では、キャラクターそれぞれの生きづらさや葛藤を吐露したセリフが多く登場。「バカは生きづらくて大変だ。何のために生まれてきたんだろ」「永遠に愛してるって思っても次の瞬間いらなくなっちゃうんだよ」「幸せって願うものでしょ」「絶対にいつか終わっちゃうって分かってるのにずっと好きでなんていられないよね」と、次々とキャラクターたちのせりふが流される。最後のクレジットで、俳優の反町隆史さんらが出演することが明らかになっている。

 映画は、マンガ誌「Betsucomi」(小学館)で連載された相原さんの恋愛マンガ「ホットギミック」が原作。映画「溺れるナイフ」(2016年)などの山戸監督がメガホンをとる。平凡な女子高生の成田初はある日、幼なじみの橘亮輝(清水尋也さん)に弱みを握られ、亮輝のむちゃな命令に振り回されることになった。そんな時、数年前に引っ越した幼なじみの小田切梓(板垣瑞生さん)が帰ってくる。初は自分を守ってくれる梓に引かれ、亮輝に邪魔をされながらも、付き合うことになる。だが梓にはある目的があり、さらに初は、兄・凌(間宮祥太朗さん)の秘密を知ってしまう……という展開。映画には、桜田ひよりさん、吉岡里帆さん、上村海成さんらも出演する。

 ◇山戸監督のコメント

 「ホットギミック」を映画化するにあたり、サブタイトルを、「ガールミーツボーイ」と、添えさせていただきました。恋愛物語における長らくの代名詞であった、「ボーイミーツガール」を反転する、「ガールミーツボーイ」としての芸術を、描いてみようと決めていました。自分自身の主体性を奪われる恋ではなくて、自分自身の主体性を知るための恋が、もしもこの世にあるのなら、そのようなものをこそ、今新しく生まれる青春映画に映し出してみたいという念願がありました。“ホットギミック ガールミーツボーイ”、孤独な少女の漂流譚(たん)を、ぜひ、お楽しみにされてください。

最終更新:3/21(木) 12:45
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事