ここから本文です

山口智子、最近の挑戦は朝ドラ『なつぞら』 「まさか人前で踊る役をやるとは」【動画付き】

3/20(水) 13:58配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 女優の山口智子(54)が20日、都内で行われた『アサヒもぎたて 新CMキャラクター』記者発表会に出席。トーク内で最近挑戦したことを聞かれると、ヒロインを務めた『純ちゃんの応援歌』(1988年)以来のNHK連続テレビ小説出演となる『なつぞら』で、元ダンサーでおでん屋の女将を演じることをあげ「まさか人前で踊る役をやるとは」と話していた。

 山口は自身の役柄について「広瀬すずさんが北海道で過ごしてから東京に出て来て、彼女を応援するおでん屋で、カウンター越しに色んな人たちと人生を語りあう役柄」と紹介。続けて「ダンサーだったので、挑戦というよりは、体を張らせていただきました」と笑顔。「この数年フラメンコを本気で練習していたので、活かしながら演じました」と語った。

 さらに24時間以内にやりたいことを聞かれると「現時点での願望は、完璧に10時間寝たい」と笑いを誘い「良質な睡眠を確保して、誰かがマッサージしてくれて、おいしいコーヒーを飲んで、ゆっくりご飯を食べたい」とし、残りの時間で「山頂とか海が広がる崖っぷちでただただ自然を眺めてボーッとしながらお酒を飲みたいですね」と笑顔で話していた。

 アサヒもぎたては、中味とパッケージをクオリティアップし、4月2日から全国で発売する。“まるごと搾りレモン”“手摘み白桃”など6フレーバー、計12アイテムを通年商品として用意。同日から、山口が出演する新CM「教えてあげる篇」の放映が全国でスタートする。

最終更新:3/20(水) 14:10
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事