ここから本文です

カーアクセサリー事業などを展開していたミラリード、破産開始

3/20(水) 10:55配信

帝国データバンク

 (株)ミラリード(TDB企業コード:982734322、資本金3000万円、東京都品川区東品川4-12-6、代表東山克基氏)は、3月12日に東京地裁へ自己破産を申請し、15日に同地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は安部祐志弁護士(東京都新宿区四谷1-22-5、山崎総合法律事務所、電話03-3356-7705)。

 当社は、1977年(昭和52年)9月に創業、79年(昭和54年)2月に法人改組。製造を中国の現地法人や現地企業、また韓国企業などに委託する形態で、携帯電話充電器、ハンズフリー、ウインドウフィルム、日よけ、灰皿、トレイ、車内装飾品、カーナビ、イルミネーション、テレビチューナーなどのカーアクセサリーやカーエレクトロニクス用品を販売。東京、札幌、仙台、名古屋、岐阜、大阪、福岡の7カ所に営業拠点を開設し、カー用品専門店やホームセンターなどに販売ルートを構築。また、2014年9月にはコーヒー豆販売、カフェ「ボイドコーヒー」の運営、中古車販売を手がける企業を吸収合併したことで、2015年9月期からこれらの事業が加わり、2016年9月期には年売上高約39億700万円を計上していた。

 しかし、近年は同業他社との競合が激しく、主力のカーアクセサリー事業が伸び悩み、2017年9月期の年売上高は約34億200万円に減少していた。この間、2016年12月には新商品としてアクセルとブレーキの踏み間違いによる急発進を防ぐ「ペダルの見張り番」を発売、2017年6月には、新規事業として間伐材や農業廃棄物等の未利用資源および石膏ボードやアルミパウチ等のリサイクル困難品を有効活用した新素材、バイオプラスチック樹脂ペレットの開発、製造を手がけるバイオマスプラスチック事業に参入し、愛知県一宮市に製造工場を開設。しかしながら減収による影響から資金繰りが圧迫されるなか、販売促進費をはじめ各種コストを削減するなど経営改善に努めたものの、取引先に対する支払いや金融債務の弁済に不履行が生じるなど動向が注目されていた。こうしたなか、資金決済が困難となり、先行きの見通しが立たなくなったことから、今年1月18日までに事業を停止していた。

 負債は債権者約276名に対し約33億2296万円。

 なお、関係会社の(株)ミラリードホールディングス(TDB企業コード:401490776、資本金50万円、愛知県名古屋市北区志賀本通1-38、代表東山克基氏)も同日、同地裁より破産手続き開始決定を受けている。

 ※法律事務所の「崎」は、正しくは立つ「崎」です。

最終更新:3/20(水) 16:13
帝国データバンク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事