ここから本文です

なぜ日本代表の中島翔哉は背番号「10」と移籍金44億円に関心がないのか?

3/20(水) 5:28配信

THE PAGE

森保ジャパンの一員としてボールを追うのは、MF中島翔哉(24)にとってはベネズエラ、キルギス両代表と対戦した昨年11月の国際親善試合以来、約4ヵ月ぶりとなる。
 1月のアジアカップでは開催国のUAE(アラブ首長国連邦)でチームに合流したものの、メディカルチェックで右ふくらはぎの筋肉が損傷していることが判明。開幕直前で無念の離脱を強いられた。

 コロンビア代表と対峙する22日のキリンチャレンジカップ2019初戦(日産スタジアム)へ向けて、18日から神奈川・横浜市内で行われている日本代表合宿。19日になって23人全員がそろった顔ぶれは、UAEの地で顔だけを合わせて別れたメンバーから実に13人が入れ替わっていた。

 キャプテンのDF吉田麻也(サウサンプトン)もいなければ、中島のスタイルを「ドリブルお化け」と賞賛しながら「いますぐビッグクラブへ移籍するべき」と、背中を押してくれたDF長友佑都(ガラタサライ)もいない。何よりも中島自身が置かれた環境が、4ヵ月の間に大きく変わっていた。

 ポルトガル1部のポルティモネンセSCから、カタール1部のアル・ドゥハイルSCへの完全移籍が電撃的に発表されたのが2月3日。日本円で約44億円に達した移籍金は、2001年夏に中田英寿がASローマからパルマに移籍した際の約32億円を超える、日本人歴代最高額となった。

 もっとも、約1年半所属したポルティモネンセで演じた大活躍への対価となる、桁違いの金額に関して中島は興味を示さない。練習後の取材エリアで口にしたのは、森保ジャパンが船出した昨年9月から何度も繰り返してきた「楽しむ」というキーワードだった。

「お金のことは、僕はそこまで気にしていません。ただ、アル・ドゥハイルが僕のことをすごく欲しがってくれたことがすごく嬉しいですし、成長するために、そして楽しむために、自分にとって一番魅力的なクラブだったから移籍することを決めました」

1/3ページ

最終更新:3/21(木) 6:48
THE PAGE

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事