ここから本文です

現代に蘇ったVWの“デューンバギー”ことIDバギーは高い確率で市販化が実現しそう

3/20(水) 8:05配信

carview!

ドアも屋根もなし&インテリアは完全防水

VWはジュネーブモーターショーで「ID.BUGGY コンセプト」を発表した。

60年代のVWビートルをベースにした「デューンバギー」を現代に蘇らせたような一台で、これまでにVWが発表してきたEVコンセプト「ID.BUZZ」などと同じく、EV用アーキテクチャー「MEB」が採用されている。

>>ID.BUGGY コンセプト フォト集<<

ドアと屋根を持たない2シーターのオープンボディで、ボディサイズは全長4064×全幅1890×全高1463mm、ホイールベース2650mm。オリジナルの「デューンバギー」よりもはるかに大型化されているが、短い前後オーバーハング、18インチのオフロードタイヤ、シンプルなフロントガラスのフレームとロールバーを加えただけの、シャシーから独立しフローティングしたような一体成型のボディは、明確に当時のデザインをイメージしたものだ。

オープンボディということもあり、2脚のバケットシートを含めインテリアは完全な防水加工が施され、カーゴエリアには荷物を固定するバンドが備わっている。

最終更新:3/20(水) 8:05
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事