ここから本文です

交通違反の出頭要請31回無視 25歳男逮捕、岡山県警水島署

3/20(水) 11:10配信

山陽新聞デジタル

 水島署は20日、道交法違反(速度超過)の疑いで倉敷市、自称建設作業員の男(25)を逮捕した。交通違反の反則金を期限内に納付せず、31回に及ぶ裁判所などへの出頭要請にも応じなかったため、逮捕に踏み切った。

 逮捕容疑は2017年4月13日朝、浅口市鴨方町六条院東の県道で、50キロの制限速度を27キロオーバーして乗用車を運転した疑い。

 県警によると、速度違反取り締まり中の警察官が違反を確認し、その場で切符処理。その後、男が期限内に反則金を納付しなかったため、電話や文書で出頭を求めていた。男は「お金がなく、仕事も忙しかった」と供述しているという。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ