ここから本文です

iPadのラインアップは複雑になりすぎた。けど新「iPad Air」が必要な人は確実にいる!

3/20(水) 20:11配信

ギズモード・ジャパン

iPad Air、iPad miniの新型が出ました! みなさん、iPadのページはもう舐めまわしましたか?

【記事の全画像】iPadのラインアップは複雑になりすぎた。けど新「iPad Air」が必要な人は確実にいる!

iPad Airが帰ってきて、懐かしい。iPad miniが帰ってきて、懐かしい。MacBook mini、MacBook Airのアプデに続き、最近のApple(アップル)はホント、忙しい。心臓に悪い。

5つも選択肢あるのは流石に多すぎ

で、今回のアップデートで気づいたことを一つ。

10.5インチのiPad Airが復活しましたが、並行して既存の9.7インチのiPad(無印)は残ってるんですよ。これ、盲点。

iPad Airは5万4800円(税別)からなので、「なんだー! iPad高くなちゃったじゃーん!」と思いきや、3万7800円の安いiPadもキープ。選択肢が増えていいね!

ただ、ラインアップとして並べると

iPad Pro(大・小)|iPad Air|iPad|iPad mini

という、4モデル5サイズ。訳わからんラインアップになってしまったのです。これはややこしい。ちょっとここで、新iPad Airの立ち位置を整理してみましょう。

iPad Airは「iPad」と「iPad Pro」のちょうど中間

そもそも今のiPad(無印)は、2017年に「iPad Air 2」から転生したモノなので、iPadとiPad Airが並ぶことは若干おかしな構図でもあります。

iPadとiPad Proで比較検討すれば良かったところにAirが入り混んできて、余計にややこしい。

でもiPad Airが必要な人たちは確実にいます。

その理由のひとつは「Smart Keyboard」が使えるから。ProじゃないiPadでSmart Keyboardが使えるのは、iPad Airが初めてです。

ペアリングが必要ないApple純正のキーボード(Smart Keyboardや、Smart Keyboard Folio)は今まで、iPad Proの特権でした。2018年にApple Pencilに限ってはiPadでも使えるようになりましたが、それでもキーボードだけはiPad Proの特権。

しかし、その特権が今回のアップデートで消滅。新iPad AirはSmart Keyboardに対応しました。

iPad Pro並みのマシンスペックは要らないけど、テキストを打つのにSmart Keyboardを使いたい人にとって最高のiPadが、iPad Air。けっこう多いはず。ただキーボードが使いたいだけなのに、Proの選択を余儀なくされた層。

1/3ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事