ここから本文です

不漁のホタルイカ・・・発光ショー始まる/富山

3/20(水) 21:40配信

チューリップテレビ

 今シーズン不漁も心配されているホタルイカですが、滑川市では、富山湾の神秘の光を間近で楽しめるおなじみのイベントが始まりました。

 「毎年大人気のホタルイカの発光ショー。今年はホタルイカの水揚げ量が少ないといわれていますが、発光ショーに影響はあるのでしょうか」(記者)

 水槽に泳いでいるのは、滑川市沖の定置網にかかったホタルイカ。
 スタッフの合図とともに網をあげると…およそ250匹のホタルイカが一斉に幻想的な青白い光を放ちました。
 また、館内には、生きたホタルイカを手で触れることができるコーナーもあります。

 「全身発光というのがすごく幻想的で、きれいでびっくりしました」(来場者)

 県水産研究所によりますと今年のホタルイカの漁獲量は、平年を下回り、不漁となる可能性が高いとされています。
 発光ショーのホタルイカの確保が心配されますが、ほたるいかミュージアムでは、地元の漁師たちの協力で、現在のところ、発光ショーへの影響はないということです。

 「比較的今の時期のホタルイカは元気なほうだとは思いますが、大事にしていきたいと思いますし、大事にしつつお客様に楽しんでいただければなと」(ほたるいかミュージアム・高野江利子主任)

 このイベントは5月下旬まで毎日行われます。

チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事