ここから本文です

オリ元中継ぎエースは新米広報で奮闘中 「今はまた少し投げてみたいな」

3/20(水) 7:40配信

Full-Count

昨年限りで現役を引退した佐藤達也氏、13、14年は2年連続で最優秀中継ぎに

 プロ野球の2019年シーズンは3月29日に開幕を迎える。オープン戦も終盤となり各球団も本番モードで最終段階にきている。選手と同様に忙しい日々を過ごす“ルーキー”がオリックスにいる。昨年で現役を引退し球団広報として活躍する佐藤達也氏だ。

【動画】まるでアニメのワンシーン!? 吉田正尚の打撃映像をスロー動画で公開! “マン振り”から放たれた打球の行方は…

「まだまだ、分からないことだらけで勉強の毎日ですよ。今はまだ選手の気持ちを考えてしまいますね」

 春季キャンプ、オープン戦と1軍に帯同し試合前から試合後まで各所を駆け回る。現役時代は自身の調整だけを考えればよかったが今の職場は「時間の使い方が全く違いますね、全てに関して“待つ”ことが求められますから。これまでは自分が投げることで試合が動く。不思議な感覚です」と、新天地でのスタートに悪戦苦闘しながらも笑顔を見せる。

 試合後の選手囲み、報道陣へのプレスリリース、取材申請の依頼を処理するなど仕事は盛り沢山。パソコンには連日多くのメールが届き返信に追われる日々を過ごす。現役時代はオフも休まず投げ続けてきたが、今年1月から広報として働き、ボールを投げることはなくなった。それでも右肩の痛みは残っているという。

「投げ続けないと。逆に肩がほぐれて痛くないんですよ。だから今は当時より痛みを感じてますね。仁藤君(オリックス球団広報)がいきなり選手のキャッチボール相手をしているのを見ていると、本当に尊敬しますね。『何で投げられるの? すげぇな』って」

 広報としてスタートしてから約3か月で体重は5キロ減った。広報業務で痩せたのではなく「筋力が落ちたので一気に体重が……。今はまた少し投げてみたいなぁと思ってきました。準備しないと投げられないのですけど(笑)」と、“再登板”にも意欲を示している。

現役時代から5キロ減「筋力が落ちたので一気に体重が…」

 現役時代は13、14年に2年連続で最優秀中継ぎに輝きリリーフエースとしてチームを支えた。活躍すれば称賛されるが、打たれてチームが負ける時ある。ヒーローインタビューでは饒舌な選手も、自身のミスで負けた敗因を問われれば別だ。

 これまで佐藤氏も様々な選手を見てきただけに「その辺りの感覚が難しいですよね。選手が話したくなくても、記者の方はそれが必要な時もある。広報は選手と記者の間に入って、チームの情報を出してもらうので」と複雑な心境を明かす。

 マウンドでは強気の投球でチームを救ってきたが、ユニホームを脱げば謙虚すぎる程の素顔を持っていた佐藤氏。球団広報になってもそれは変わらない。「また違う形でチームに貢献できれば。シーズンが始まると動きも変わってくると思うので、毎日が勉強ですね」。かつてのリリーフエースはグラウンド外でも“必勝のバトン”をつないでいく。

橋本健吾 / Kengo Hashimoto

最終更新:3/20(水) 7:40
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事