ここから本文です

スーパーGT:TEAM KUNIMITSU、ゼッケン1を背負うRAYBRIG NSX-GTの『Phase2』カラーリングを発表

3/20(水) 18:33配信

オートスポーツweb

 スーパーGT GT500クラスに参戦するTEAM KUNIMITSUは3月20日、2019年にゼッケン1をつけて山本尚貴とジェンソン・バトンがドライブするRAYBRIG NSX-GTのカラーリングを発表した。今季もレイブリック、ZFなどがサポート。伝統のブルーのカラーリングが施される。

【オフ専用の『Phase1』カラー】

 2018年は山本のパートナーとしてバトンが加入し、大きな話題となったRAYBRIG NSX-GT。その話題のみならず、SUGOでの優勝をはじめ見事にチャンピオンを獲得。チームにとって初のGT500チャンピオンに輝いた。

 ゼッケン1をつけて挑む2019年に向けて、これまでチームは国内でテストを重ねてきたが、その際には恒例のオフシーズン専用カラーリング『Phase1』が施されていた。しかし3月30~31日の富士公式テストに向け、いよいよ2019年の本番用カラーリング『Phase2』がお披露目されることになった。

 新たなカラーリングは、レイブリックのブルーを基調としながら、Phase1でも見られた模様が施されており、18年のカラーリングから刷新されている。

 2019年はタイトル防衛に挑む一年となる。新カラーが施されたRAYBRIG NSX-GTの走り、そして富士公式テストでのお披露目は大いに注目だろう。

[オートスポーツweb ]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事