ここから本文です

ハメスの買取オプション行使は? バイエルンのヘーネス会長「監督次第だ」

3/20(水) 16:50配信

SOCCER KING

 バイエルンのウリ・ヘーネス会長が、レアル・マドリードからレンタル移籍で加入しているコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの去就について言及した。ドイツ誌『kicker』日本語版が19日に報じている。

 レアル・マドリードから2年間のレンタル移籍で加入し、今シーズン終了後に移籍期間が満了となるJ・ロドリゲス。買い取りオプションを行使するのか否かが注目されている中、ヘーネス会長は17日に行われたブンデスリーガ第26節マインツ戦後に「今日はとてもいいプレーを見せた(J・ロドリゲスはハットトリックを達成)し、素晴らしい選手。ただ、(ニコ・コヴァチ)監督が何を望むのかが重要だ」とコメントした。そしてコヴァチ監督は「とてもいいパフォーマンスだった」と、J・ロドリゲスに高い評価を与えている。

 一方で「ミュンヘンで居心地良く過ごしている」というJ・ロドリゲス自身は、「未来のことなんて誰も口にできないよ」と語るにとどめた。レアル・マドリードの指揮官に復帰したジネディーヌ・ジダン監督については「彼との間に特に問題なんてない」と強調し、さらに「コヴァチ監督とも、とてもいい関係を築けている。人間としてとても素晴らしい人だ」とも付け加えている。

SOCCER KING

最終更新:3/20(水) 18:27
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事