ここから本文です

日本、女子W杯招致は激戦?2023年大会は最多9か国が立候補

3/20(水) 17:54配信

ゲキサカ

 国際サッカー連盟(FIFA)は19日、2023年に行われる女子ワールドカップ(W杯)の開催意思表明を提出した9か国を発表した。開催地は2020年3月のFIFA理事会で決定する。

 立候補したのは、日本、アルゼンチン、オーストラリア、ボリビア、ブラジル、コロンビア、韓国、ニュージーランド、南アフリカの9か国で1991年の第1回大会以降、過去最多だという。韓国に関しては北朝鮮と共同開催する可能性があるようだ。

 女子W杯は、1991年に中国で第1回FIFA女子世界選手権が開催され、2003年大会から『FIFA女子ワールドカップ』に名称が変更された。日本は第1回大会から連続出場しており、2011年大会に優勝、2015年大会には準優勝している。今年の6月7日から7月7日まで、フランスで第8回大会が開催される。

・アルゼンチン
・オーストラリア
・ボリビア
・ブラジル
・コロンビア
・日本
・韓国(北朝鮮)
・ニュージーランド
・南アフリカ
●女子ワールドカップ2019特集

最終更新:3/20(水) 17:54
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事