ここから本文です

【高松宮記念】“ストームキャット系の4歳牡馬”に注意/データ分析(血統・種牡馬編)

3/21(木) 6:50配信

netkeiba.com

 3月24日に中京競馬場で行われる高松宮記念(4歳上・GI・芝1200m)について種牡馬別に検証していく。なお、コース改修後の2012年以降を集計対象とする。

【写真】アドマイヤムーン ドバイで輝いた月

 過去7年で最多となる4回の馬券絡みはアドマイヤムーンとキングカメハメハ。次点で2回のダイワメジャーとディープインパクトが続く。

 アドマイヤムーン産駒は延べ8頭が出走して「2-1-1-4」複勝率50.0%、複勝回収率273%となっており、18年ファインニードル、17年セイウンコウセイと高松宮記念を目下2連覇中。また、勝利こそ掴めなかったもののハクサンムーンも2013~2016年まで毎年参戦し「0-1-1-2」、そのキャラクターも相俟って存在感を示していた。

 今年はセイウンコウセイ、フミノムーンの2頭が参戦を予定しているが、どちらも人気薄となりそうなので、穴で一考する価値があるかもしれない。

 キングカメハメハ産駒は延べ9頭が出走しているが、馬券に絡んだのはレッツゴードンキ「0-2-0-1」とロードカナロア「1-0-1-0」の2頭のみ。同産駒からは今年4度目の挑戦となるレッツゴードンキが出走予定。また、今年人気の中心を担うであろうダノンスマッシュは、孫世代のロードカナロア産駒ということで高松宮記念父子制覇が掛かっている。

 外国産馬のモズスーパーフレア(父Speightstown)、ミスターメロディ(父Scat Daddy)の4歳馬2頭も注目の存在。特にストームキャット系の4歳牡馬は、16年アクティブミノル(16番人気4着)、14年エーシントップ(15番人気4着)と二桁人気で激走しており、ミスターメロディも要チェックだ。

最終更新:3/21(木) 6:50
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事