ここから本文です

不漁続きのシラス漁 今年は幸先の良いスタート 田子の浦港で去年の3倍の水揚げ

3/21(木) 12:00配信

テレビ静岡NEWS

テレビ静岡

県内のシラス漁が解禁され、富士市の田子の浦港では去年の3倍の水揚げを記録するなど、近年にない豊漁となり、港は活気づきました。
午前6時半過ぎ、田子の浦港に戻ってきた船からは、獲れたてのシラスが次々と水揚げされます。
県内のシラス漁は、ここ2年は不漁続きで、今年も水揚げが心配されていましたが初日の水揚げは3トンと、去年の3倍となり、市場では、仲買人たちが色や大きさを確かめながら競り落としていきました。
仲買人「きょうは最高、こんな解禁日が迎えられて。早くお客さんに届けたい」
価格は、1キロあたり2000円を超える高値がつきました。シラス漁は、来年1月まで続きます。

テレビ静岡

最終更新:3/21(木) 12:00
テレビ静岡NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事