ここから本文です

新北市で防災訓練 東京消防庁や神奈川県が参加、国際交流促進/台湾

3/21(木) 14:43配信

中央社フォーカス台湾

(新北 21日 中央社)新北市政府は21日、国際防災協力推進のため、東京消防庁や神奈川県くらし安全防災局、韓国ソウル消防災難本部の職員を防災訓練に招いた。それぞれが経験を発表し、互いに知識を深めた。

市庁舎で行われた訓練は、地震の発生で市の一部が大きな被害を受け、列車の脱線事故も起きたとの想定で行われた。中央政府や国軍、民間、市政府など33部門の職員が参加し、各種車両190台、船艇60隻、ヘリコプター4機が動員された。避難訓練には市内7つの区公所(役所)、市民約600人、スーパーが参加した。

(黄旭昇/編集:名切千絵)

最終更新:3/21(木) 14:43
中央社フォーカス台湾

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事