ここから本文です

表彰台1回じゃ、雪辱は果たせない。ホンダF1、ファンにさらなる活躍誓う

3/21(木) 12:00配信

motorsport.com 日本版

 今季からレッドブルとトロロッソの2チームにパワーユニット(PU)を供給しているホンダ。開幕戦オーストラリアGPではマックス・フェルスタッペンが3位となり、ホンダにとっては2015年のF1復帰後初、2008年イギリスGP以来の表彰台獲得となった。

【動画】2019年F1開幕戦オーストラリアGPハイライト動画

 マクラーレンとともに過ごした厳しい3シーズンの後、トロロッソと前向きな1年を過ごしたホンダが、レッドブルとの提携1戦目にして結果を掴み取った形だ。

 ホンダは、公式ツイッターで『#HondaDebrief』という試みを開始した。ファンから寄せられたコメントが紹介され、それについて返答するという形で、そのグランプリについての報告(debrief)を行うという趣旨である。

 その中で、あるユーザーが「パワーユニットについて、やっていることはどんなことでも、それをやり続けてくれ」とコメント。これに対してホンダは「グリッド上で最高のパワーユニットを作り上げるために今も一生懸命プッシュしている」と返答した。

「1回の表彰台獲得で、数年間の苦闘の雪辱が全て果たせる訳ではない」

 また別のユーザーからは「信頼性が問題にならないこと」を望むと共に、”グリッド上で最高のサウンド”を持つホンダのPUが、どれほど進歩したのかを見たいという声が寄せられた。

 ホンダはそのユーザーに対し次のように答えた。

「楽しい日曜日だった。しかし、我々が戦いに直面することは分かっている」

「信頼性とパフォーマンスが確実に一致するよう、努力している」

 前述の通り、オーストラリアGPではフェルスタッペンが3位となった他、ダニール・クビアト(トロロッソ)が10位となりポイントを獲得した。

 一方、デビュー戦を14位で終えたトロロッソのアレクサンダー・アルボンについてホンダは、素晴らしい仕事をしたと評し「彼がF1に慣れ、彼と共にプッシュプッシュすることを本当に楽しみにしている」と付け加えた。

 またトロロッソ時代と同じく、レッドブルでもホンダの湊谷圭祐エンジニアとタッグを組むピエール・ガスリーについては、予選で下位に沈んだことがノーポイントという結果に影響したと嘆いた。

 ガスリーが良い結果を出すのが見たかっただろうというコメントに対しては「確かにそうだ。でもこのスポーツでは時々起こることだ」と返答した。

「ピエールの加入と同時に、レッドブルとの関係が好調なスタートを切ったのは良いことだ。彼にはまだ、トロロッソ時代と同じPUエンジニアがついている」

Scott Mitchell

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事