ここから本文です

大船中央病院にがん治療新装置 国内導入1号機

3/21(木) 5:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 大船中央病院(神奈川県鎌倉市)は国内導入1号機となる高精度放射線治療装置を設置し、新放射線治療室開室記念式典を16日、同病院で開いた。地域の医療関係者ら約40人が開室を祝った。

 同病院の放射線治療センターは2004年に開設以来、地域の放射線治療を担ってきた。このたび、新たに高精度放射線治療装置を導入することになった。記念式典では、同病院の須藤博院長が「新放射線治療室のがん治療システムを、多くの患者さんの治療に役立てたい」とあいさつ。医師で放射線治療センター長の武田篤也さんは「新たな治療法を編み出すことで、より良い医療を広く提供していきたい」と話していた。

神奈川新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事