ここから本文です

ビーチサンバ、桜花賞2週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

3/21(木) 12:49配信

netkeiba.com

 前走クイーンC2着後は一旦放牧へ出されて、3月8日にノーザンFしがらきから栗東へ戻ってきたビーチサンバ(栗東・友道康夫厩舎)。先週から栗東坂路で時計を出し始めているが、今朝21日は帰厩して初めてCWコースで桜花賞(4月7日・阪神芝1600m)へ向けて追い切られている。

 2回目のハローが始まる直前のCWコースで、鞍上には福永祐一騎手。アドマイヤユラナスを追走する内容だったが、時計になる前のキャンターから推進力がある、姿勢の良いフットワーク。4馬身ほど後ろから追いかけていくが、向正面からコーナーへとスムーズに追走していく。

 最後の直線は内から前へ並びかけるが、残り1F標識の地点で併走。そこからは一完歩ごとに相手よりも前へ前へ出る感じで、ゴールでは1馬身弱は抜け出していた。この時、鞍上の手はさほど動いておらず、自ら前を捕まえたという感じ。

 時計は6F83.4~5F68.2~4F53.5~3F38.9~1F11.8秒とさほど速くない。よって、動き自体が抜群というほどではないが、馬場入りしてから追い切り終了までの雰囲気が本当にいい。まだ絞れる余地もあるし、そのあたりはこれからの調整次第。とにかく、いい感じで大舞台へ向かっているという感じがする。

(取材・文:井内利彰)

最終更新:3/21(木) 12:49
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事