ここから本文です

韓国の2月ICT輸出 前年比19%減=4か月連続マイナス

3/21(木) 11:01配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の科学技術情報通信部と産業通商資源部は21日、2月の情報通信技術(ICT)輸出額は127億ドル(約1兆7442億円)で前年同月比19.0%減少したと発表した。半導体やディスプレー、携帯電話など主力品目の輸出が減った。

 ICT輸出額は4か月連続で前年同月比マイナスとなった。減少率も昨年11月の1.7%から12月が10.1%、今年1月が18.3%、2月が19.0%と拡大が続く。

 品目別の輸出額をみると、半導体が68億7000万ドルで24.9%減少した。半導体メモリーの単価下落とシステムLSI(大規模集積回路)の需要鈍化が要因。

 ディスプレーは主要国との競争激化に伴い17.2%減の15億6000万ドルだった。携帯電話も13.4%減少し8億6000万ドルにとどまった。

 その一方で、有機ELパネル(6億2000万ドル)が7.9%、2次電池(5億5000万ドル)が10.7%、それぞれ増加した。

 国・地域別の輸出額は、中国向けが59億ドルで30.4%落ち込んだ。対ベトナム(20億8000万ドル)が1.7%減、対欧州連合(EU、7億6000万ドル)も19.3%のマイナスだった。

 2月のICT輸入額は前年同月比6.9%減の72億9000万ドルで、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は54億1000万ドルの黒字だった。

最終更新:3/21(木) 11:01
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事