ここから本文です

片寄涼太、開花宣言と共に公開された「プリレジェ」ヒット願う「長く咲き続けたい」

3/21(木) 18:28配信

音楽ナタリー

本日3月21日に映画「PRINCE OF LEGEND」の初日舞台挨拶が行われた。

【写真】映画「PRINCE OF LEGEND」公開初日舞台挨拶の様子。(メディアギャラリー他56件)

「PRINCE OF LEGEND」は「HiGH&LOW」シリーズを手がけたHI-AXが企画原作を、EXILE HIROがエグゼクティブプロデューサーを務めるメディアミックスプロジェクトの劇場版。圧倒的なルックスを誇る個性豊かな王子たちが、セレブ中のセレブが集う名門・聖ブリリアント学園で3年に1度開催される「伝説の王子選手権」の優勝者に贈られる称号“伝説の王子”の座をかけてバトルを繰り広げる。初日舞台挨拶にはセレブ王子・朱雀奏を演じた片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)をはじめとする14人の王子に加え、「伝説の王子選手権」の命運をにぎるヒロイン・成瀬果音役の白石聖も登場。公開初日というこの映画にとって記念すべき日を華やかに彩った。

最初にマイクを取った片寄が「桜の開花宣言が行われたとニュースがあって、こんな日に初日を迎えられてすごくうれしいです。それにちなみまして映画が開花宣言ということで……」と話すと、鈴木伸之は「またうまいこと言いますね」とツッコんで会場の笑いを誘う。続けて片寄は「でもこの桜(=映画)はもっともっと長く咲き続けたいと思います。皆さんに温かく応援していただき、何度も観ていただきたい」と映画のヒットを願った。佐野玲於は「ごきげんよう」と生徒会長王子・綾小路葵になりきって挨拶し、「僕はこの作品で初めて生徒会というものに触れたんですよ。学生時代は生徒会というよりは保健係……余り物の係をやっていたので、生徒会長ができてうれしかったです」とコメント。そして「日頃から子分として(関口)メンディーくんは働いてくれてるんですけど、作品でも働いてくださった。普段からの僕らの友情が作品に出ているかなと。では子分からひと言」と関口メンディーにバトンを渡した。生徒会長王子を守る金髪SP王子・ガブリエル笹塚役の関口は「かれこれ3年くらいキラキラ映画に出たい、学生役をやりたいと言っていて。『学園ど真ん中で恋愛をしたい』という夢が叶ってありがたい気持ちでいっぱいです」と念願の学園モノへの出演が叶った喜びを噛みしめる。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬、吉野北人、藤原樹、長谷川慎は本作が映画初出演とあって、フレッシュなコメントで会場を沸かせていた。

白石が「PRINCE OF LEGEND」関連のイベントに出演するのはこれが初めて。ひさびさに白石と顔を合わせたという片寄は「相変わらずこいつは冷てえなと思いました。『ひさしぶり』って言っても『どうも』くらいの感じ。またこれかと」と劇中と同じくドライな態度に驚いたそう。白石が「フレンドリーに接したつもりなんですけど……」と食ってかかると、佐野は「公共の場なのでケンカはやめてもらえますか」と2人を制した。

“プリンセス”と王子たちの再会が果たされ、イベントは「PRINCE OF LEGEND」に登場する王子のイラストを募集する企画「王子がイラストで大渋滞!! 王子絵コンテスト」の優秀作品発表のコーナーに。集まった“王子絵”の中からチームごとに選出した優秀作品が発表され、第1話でのワンシーンを切り取ったイラストを挙げた「Team奏」の3人は実際にステージ上でそのポーズを取って歓声を浴びた。

その後、王子たちは白石の似顔絵を描く「お絵かき選手権」に挑戦。王子たちがイラストを描く中、白石の“推し王子”が町田啓太演じる先生王子・結城理一だということが明かされると、町田は驚いた表情を見せ「一番危ないですよ! これで下手な絵は描けないな……」と再びフリップにペンを走らせる。片寄や塩野瑛久が白石に近付いて似顔絵を描く中、なぜか町田と佐野は関口の頭を観察しながら似顔絵を描く。制限時間が終わり、王子たちは一斉に絵を発表。14人が描いた似顔絵を吟味した白石は、塩野を「絵心王子」に認定し、町田を「ド下手王子」に選んだ。見事「絵心王子」に輝いた塩野は「ヒロインの座を明け渡しますってことでいいですか?」と白石に問いかけるも、「それは……」と断られて撃沈。「置きに行った」ことを理由に「ド下手王子」に選ばれた町田は「僕の全力だったのに……本気出して『置きに行った』って思われたならしょうがない!」と凛々しい表情で負けを認めた。

イベントの最後に片寄は「自分ごとですが、両親の結婚記念日で、そんな日に自分が携わった作品の公開を迎えられて親孝行できたかなと。皆さんのおかげです」と来場者に感謝の意を述べた。また本作にGENERATIONSのメンバー・白濱亜嵐が出演していることを「皆さん、気付いてないと思いますが白濱亜嵐が出演しております」としらじらしく発表し、佐野は白濱がGENERATIONSのバラエティ番組で“不正リーダー”と呼ばれていることから「いよいよ映画化ってなったときに、ヤツが冒頭に出てくる。これは不正です!」とファンを笑わせる。片寄はそれにかぶせるように「不正レベルの出演をしているということで……詳細は明かされていませんが、存在を確認しに劇場に足を運んでいただけたらと思います」と語った。

※記事初出時より本文の一部を修正しました。

(c)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 (c)HI-AX ALL Rights Reserved.

最終更新:3/22(金) 0:12
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事