ここから本文です

年俸7200万円大谷が同僚・トラウトの473億円契約に苦笑い「金額が大きすぎてちょっと分からない」

3/21(木) 8:47配信

スポーツ報知

 エンゼルス・大谷翔平投手(24)が20日(日本時間21日)、同僚のマイク・トラウト外野手(27)の大型契約に驚いた。

【写真】大谷翔平“二刀流ルール”に「プラスしかない」

 トラウトは4億2650万ドル(約473億円)の12年契約を新たに結んだことを、前日の19日(日本時間20日)に複数の米メディアが発表。個人の契約としては米プロスポーツ史上最高の大型契約に「金額が大きすぎてちょっと分からないですけど」と苦笑いしながら、「12年(契約)は長いですし、チームにとっては、あれだけすごい選手がそれだけ長い間いてくれるので、そこ(トラウト)を中心にチームを組み立てていけるのは、すごくいいことじゃないかなと。今年もその先も、そこを中心にまわって行くのではないかなと思います」と大歓迎だった。

 今季の大谷の年俸は約7200万円。昨季は新人王を獲得したがメジャーでは年俸調停の資格を得る3年目のオフまで、大幅な年俸増は見込めずに微増にとどまった。自身とはケタの違う契約となったが、世界NO1プレーヤーの呼び声高いトラウトと今後もチームメートとしてプレーできることを喜び「プレーヤーとしては誰しもが一番だと認めていると思いますし、それだけの選手だと思う。そういう選手(トラウト)とシーズン中に一緒に野球が出来るのはすごく楽しいし、一番いい経験に自分の中でなるんじゃないかなと思っています」とホッとしているようだった。

最終更新:3/21(木) 10:39
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事