ここから本文です

だいたひかる 乳房全摘後に同じ場所にがん再発 医師からも「稀なケース」と

3/21(木) 14:32配信

デイリースポーツ

 お笑いタレントのだいたひかる(43)が20日、乳がんが再発したことをブログで公表した。だいたは16年1月にステージ2Bの乳がんと診断され、同年2月に右乳房の全摘出手術を受けていた。摘出した右側に悪性腫瘍(4ミリ)が見つかり、今後放射線治療などを行っていく。

【写真】だいたひかる 幸せあふれる笑顔…サラサラヘアで結婚指輪を披露

 公表から一夜明けた21日にブログを更新しただいたは、「皆さま沢山のコメントありがとうございます!とても励みになり助かります」とつづった。また、同じように乳房を全摘出後、がんが再発した女性からの経験談もコメント欄に複数寄せられており、「今一番に頼りにしてる情報が、コメント欄になりました!!」と感謝した。

 医師には「これはよくある事なのか?」と聞いたところ、「全摘して同じ場所から再発するのは1桁だいの確率で、稀なケースです」と言われたことも明かした。「運が良いとは思えませんが、運が良くない場合は運を貯金できてるから、今だったら宝くじに当たるかも?なんて考えていたら…本当に…」と稀なケースの当事者になったことをだいたらしく伝えた。

 だいたは2013年にアートディレクターと再婚し、不妊治療中の16年に乳がんと診断され、右乳房を全摘出した。抗がん剤治療を終えていたが、今年2月下旬のブログで、右胸にしこりが見つかり、今月6日に切除手術を受けた。20日夕に更新したブログでは、「検査結果は再発でした」とがん再発を報告している。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい