ここから本文です

阪神・浜地が2回無失点 馬場は4回2失点 開幕ローテへともにアピール

3/21(木) 15:21配信

デイリースポーツ

 「オープン戦、阪神-ロッテ」(21日、ZOZOマリンスタジアム)

 メッセンジャー、岩貞、西、ガルシア、青柳に続く、開幕ローテ6番手の座を争う“直接対決”。先発の馬場が4回3安打1失点とまずまずのピッチングを披露すれば、2番手の浜地は2回被安打0で無失点。ともにアピールに成功した。

 馬場は不安定な立ち上がり。いきなりロッテの先頭打者・ドラ1藤原に右中間を破る二塁打を打たれると、死球、四球で一死満塁のピンチを招いた。5番の角中の犠飛で先制を許すと、続くレアードの左前適時打で初回は2失点。だが、その後は四回は三者凡退に仕留めるなど尻上がりに調子を上げて、4回3安打2失点。及第点といえる内容で終えた。

 続いて五回からマウンドに上がったのは同じく開幕ローテを狙う浜地。こちらは先頭の藤原に四球こそ与えたものの、後続を抑えて五回は無失点で締めた。六回も三者凡退に抑える、ほぼ完璧な投球で大きくアピール。最速146キロのストレートで空振り三振を奪うなど、初の1軍実戦マウンドへ大きく前進した。

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事