ここから本文です

Galaxy S10/S10+ハンズオン:Galaxy Harajukuをウキウキ周ってたら、いつの間に!?

3/21(木) 7:12配信

ギズモード・ジャパン

濃縮還元って感じの完成度を感じました。

2019年3月12日(火)にオープンしたばかりの、Galaxy Harajuku。世界最大級のGalaxyショーケースということなんですが、GalaxyだけじゃなくVRやオシャレなカフェやサポートセンターもあったりと、もうコンテンツモリッモリな宇宙的ストアで、超楽しかったんですよ。

【記事の全画像】Galaxy S10/S10+ハンズオン:Galaxy Harajukuをウキウキ周ってたら、いつの間に!?

で、1Fをウロウロしてたら、何か見えたんですよ。

S10。

ん、S10!? おまえ、Samsung UnpackedでGalaxy Foldと一緒に発表されたばかりじゃなかった!? なに当たり前に鎮座してやがりますか!?

今日はGalaxy Harajukuのレポートだけだと思ってたけど、こんなところでS10(とS10+)に出会ってしまうなんて…! こいつぁハンズオンせにゃあなるまい。にしても遠目でわかるくらい画面がキレイなんですけど。これが史上最高クラスのダイナミックAMOLEDのちからか…!

薄い。それでいてステンレスが美しい。

カラーは、真珠のようなピンクや水色っぽい反射をみせるプリズムホワイトと、これまた黒真珠のような虹っぽい輝きをもつブラックプリズムが置いてありました。カラーはこの他にもあって、ボディ素材もセラミックとガラスとが選べます(後述のS10+も同様)。いつか全種類置いてほしいなー。

ヘッドフォンジャック、確認!

画面指紋認証、確認! OppoやOnePlusとは違う超音波方式を採用していて、指が汚れていたり水に濡れていても使えるのが利点です。

それでは使い心地について。まず軽い。べらぼうに軽いってわけではないのですが、6.1インチディスプレイと3,400mAhのバッテリーをもつスマホにしては不相応な軽さにびっくりです。もう当たり前ワードになったベゼルレスも、良い感じの細っこさですな。

気になってたパンチホール画面は(Infinity-Oって呼ぶらしい)は、いざ持ってみると不思議なもので、たいして気になりませんでした。ノッチよりも気にならない! ゲームとか動画見るとまた変わるのかもですけど、視覚的にストレスだ~って印象はほとんどないですね。良い感じ、良い感じ。

1/2ページ

最終更新:3/21(木) 7:12
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事