ここから本文です

バイエルンが市場を破壊、ぺぺ獲りに約101億円提示

3/21(木) 6:50配信

SPORT.es

バイエルン・ミュンヘンは今夏の移籍市場を破壊するつもりらしい。最初の動きは最近数日間で行われたようだ。

ぺぺを売却せざるを得ないリール、会長と監督も認める

『Bein Sports』によると、バイエルンはリールのストライカー、ぺぺの獲得に向けて8,000万ユーロ(約101億円)の正式オファーを提示した。

数週間前からバイエルンのぺぺへの関心は周知の事実となっていた。さらにリールが移籍金を釣り上げるために交渉の開始を故意に遅らせた事にバイエルンが不快感を示しているという事さえ報じられていた。

リールのオーナー、ジェラール・ロペスは数日前にクラブが複数のオファーを受けているものの、シーズンが終了するまではいかなる類の合意もない事を認めていた。

バイエルンはシーズン終了後、戦列の大改革を予定しており、会長のウリ・ヘーネス自ら約2億ユーロ(約252億円)の資金と共に移籍市場に乗り出す準備をしている事を明かしている。
またバルサもぺぺの将来に関する動向に注目し続けているが、現時点でスポーツ部門は彼の代理人やリールの会長とのコンタクトを維持するだけにとどまっている。

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:3/21(木) 6:50
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事