ここから本文です

大坂 初戦は世界141位か142位に決定、日本勢は計4名が本戦出場へ<マイアミOP>

3/21(木) 8:19配信

tennis365.net

マイアミ・オープン

女子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、プレミア・マンダトリー)は20日、シングルス予選決勝が行われ、世界ランク141位のY・ウィックマイヤー(ベルギー)と同142位のS・ヴィケリー(アメリカ)が勝利し、本戦1回戦で対戦することが決まった。その結果、第1シードの大坂なおみは初戦の2回戦で、この試合の勝者と顔を合わせることとなった。

【大坂らマイアミOP対戦表】

上位シード勢が勝ち進むと、大坂は3回戦で第27シードのシェ・シュウェイ(台湾)、4回戦で第13シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)、準々決勝で第8シードのA・ケルバー(ドイツ)、準決勝で第3シードのP・クヴィトバ(チェコ)、決勝で第2シードのS・ハレプ(ルーマニア)と対戦する。

17日まで開催されたBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)で昨年覇者の大坂は4回戦で敗退した。

マイアミ・オープンでは2016年の3回戦が最高の成績。昨年は初戦で元世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)を破ったが、2回戦でE・スイトリナ(ウクライナ)にストレートで敗れている。

また、今大会日本勢では、大坂なおみの姉である大坂まりがワイルドカード(主催者推薦)で出場するほか、世界ランク112位の土居美咲と同119位の日比野菜緒が予選を勝ち抜き本戦入りを決めている。

最終更新:3/21(木) 8:19
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事