ここから本文です

オリーブ産地 拡大中 東北から九州まで 国際的評価も上昇

3/21(木) 7:02配信

日本農業新聞

 オリーブの生産が全国で活発になってきた。香川県の小豆島での栽培を発祥に、現在、耕作放棄地や景観対策として東北から九州にまで栽培が広がる。今年に入り初の全国サミットやオイル品評会が相次ぎ開かれ、国産振興の機運が高まる。オリーブオイルの品質は世界でも認められ始め、6次産業化で雇用創出なども期待できる。国内外を視野に各地で高品質オリーブオイル産地としての発展を目指している。(丸草慶人、柳沼志帆)

カキに並ぶ特産へ 広島県江田島市

 「県特産のカキに匹敵する産業にし、地域を元気にしたい」。瀬戸内海に浮かぶ江田島、能美島などで構成する広島県江田島市でオリーブの生産・加工・販売を手掛ける、江田島オリーブ(株)の沼田英士代表は、特産化に向けて意気込む。

 先進地の小豆島に職員を派遣して技術を学び、耕作放棄地の解消にオリーブの可能性を探った同社。搾油機を導入し、自社栽培の他、地元の農家から果実を買い取り、加工する。

 市も2010年度からオリーブの苗木購入費を助成し、産地化を後押しする。同市はかんきつ栽培が盛んだが、傾斜地が多く、高齢化で耕作放棄地が拡大してきた。かんきつに比べて手間が少なく、6次産業化が期待できると着目したのがオリーブだ。

 苗木代の8割を助成する他、荒廃した園地にオリーブを植栽すれば、抜根、整地など再生に必要な機器のリース料や人件費を補助。市主体で山を切り開き、6・6ヘクタールの園地も造成した。栽培面積は27ヘクタールに広がり、そのうち約15ヘクタールが耕作放棄地の再生園だ。18年産は5・2トンを収穫。成木化する19年産は10トンを目標にする。

 同市産オリーブは品種別に選別し、1キロ850円で同社が買い取る。15年にオイルを100ミリリットル5400円で商品化した。また、同市と同県呉市の自社農園で無農薬栽培したオリーブオイルは、100ミリリットル1万800円で売り出している。搾油を見学したり、オリーブオイルを使った料理を楽しんだりできる「江田島オリーブファクトリー」も開店し、オリーブで地元に50人の雇用を生んだ。

 同市オリーブ振興室の小澤辰雄室長は「量がなければ市場では相手にされない。生産量を増やすため、地道に指導を続けていきたい」と強調。将来的には約200トンの収穫を目指す考えだ。

1/2ページ

最終更新:3/21(木) 7:02
日本農業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事