ここから本文です

高速バス、2019年春の新路線【東日本編】 関東の老舗遊園地に東京駅直通バスも

3/21(木) 10:33配信

乗りものニュース

二子玉川から鴨川シーワールドへ直通

 2019年春、全国で高速バスの新路線が誕生。今回は東日本で3月から4月にかけて新設されるおもな路線を、運行開始済みのものも含めて紹介します。

【時刻表】新設される各路線、発着時刻は?

二子玉川・渋谷~安房鴨川線「シーバレー号」

・運行会社:東急トランセ(鴨川日東バスと日東交通の共同運行路線に参入)
・運行開始日:2019年3月1日(金)
・区間(主な停車停留所):二子玉川ライズ・楽天クリムゾンハウス~渋谷駅~木更津地区(金田バスターミナルなど)~鴨川地区(安房鴨川駅、鴨川シーワールド、亀田病院)
・便数:2往復(渋谷発着便および鴨川日東バス便、日東交通便の合計で7.5往復)
・所要時間:最短2時間30分(二子玉川ライズ・楽天クリムゾンハウス~亀田病院)
・大人片道運賃:1450~2650円(区間により異なる)

 2018年10月に運行を開始した鴨川日東バスと日東交通の渋谷~安房鴨川線に、東急トランセが加わり、一部便を渋谷駅から二子玉川駅まで延長する形で本開業。あわせて路線愛称「シーバレー号」が制定されました。

 東京湾アクアラインを経由して東京都内と房総半島を結ぶ路線は、おもに東京駅やバスタ新宿に発着していますが、この路線のように渋谷マークシティのバスターミナルを発着するものも近年、相次いで新設されています。

郡山~富岡線

・運行会社:福島交通、新常磐交通
・運行開始日:2019年3月8日(金)
・区間:郡山駅前~環境創造センター(福島県三春町)~富岡駅前
・運行本数:3往復(平日のみ)
・所要時間:2時間30分(郡山駅前~富岡駅前)
・大人片道運賃:900~2200円(区間により異なる)

 2011(平成23)年の東日本大震災、および福島第一原発事故で被災した福島県浜通り地域の産業を回復する国家プロジェクト「福島イノベーション・コースト構想」の推進機構が主導する実証運行路線です。郡山駅と常磐線の富岡駅(福島県富岡町)のあいだを磐越道経由で運行。途中、いわき市内の差塩(さいそ)PAで休憩も実施されます。

1/3ページ

最終更新:3/22(金) 14:42
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事